簡易型計測器の比較

私の使用しているInspector+は相変わらずの高値ですが、最近になって簡易型のガイガーカウンターの価格が落ち着いてきたようです。問題は、どのくらい精度があるかなので、ebayで3万円前後の商品を取り寄せて計ってみました。

一台はウクライナ製で、250ドル+運賃40ドルの合計290ドルでした。中古ですが、反応も値も正確でした。

今一台は、ベラルーシュ製で、同じく300ドルでした。

a0197192_19522231.jpg


二台とも、大きな計測ユニットを使っており、感度や正確さもInspector+とほとんど同じですので、充分実用になると思います。同じような機器がebayでは出回っています。多少のリスクはあると思いますが、チェルノブイリで使われた機器は、充分実用に供せます。

チェルノブイリでのヴィデオはこちらです。

このユニットを、原価でお譲りします。ご入用なお方は、非公開でお知らせください。
# by maxlabo | 2011-07-07 19:52 | 原発人災事故

原子力安全・保安院の使命

ウォール・ストリート・ジャーナルの7月1日号に「設計上の欠陥が事故を悪化させた」という記事がのりました。東電の元技術者や副社長にまで取材した記事で、根本的な問題があったと伝えています。詳しい内容は読んだいただければ解りますが、問題は現場の技術者がわかっていても、金が掛かるという視点からしかみられていないことです。安全・保安院も本質的な問題は、設計時に考慮され尽くしたとして、何も検討されていなかったのです。

「始めにこの古い原発を使い続ける結論ありきで、2001年には、福島第1原発1号機の、30年間の運転許可が切れることになっていた。東電は10年間の更新を求め、受理された。2011年初め、東電は再度の更新許可を得た。事故のわずか5週間前だった。政府審議を要約した議事録によると、規制当局は、旧型の原子炉の基本的な設計に欠陥があるか否かを、検討し直すことはなかった。」

と、この記事には書かれています。

原子力安全・保安院のホームページには、

「原子力安全・保安院は、右に掲げる各分野のエネルギー施設や産業活動の安全確保を使命とする国の機関です。たゆまず「安全」という永遠のテーマに取り組んでいきます。」

と書かれていて、その、NISA(Nuclear and Indutrial Safety Agency)の行動規範は下記のようになっています。


NISAは、エネルギー施設や産業活動の安全を守り、万一の事態に的確に対応するため、「強い使命感」「科学的・合理的な判断」「業務執行の透明性」「中立性・公正性」の四つを行動規範としています。

第一に「強い使命感」に基づき緊張感を持って業務を遂行します。

第二に、安全・保安行政の専門家として現場の実態を正確に把握し、「科学的・合理的な判断」のもとに行動します。

第三に、国民の皆様の信頼と安心感を得るため「業務執行の透明性」の確保に努めます。情報公開に積極的に取り組み、自らの判断について説明責任を果たしていくことを重視します。

第四に、「中立性・公正性」を大前提として安全・保安行政を遂行します。

国民の皆様の暮らしを支えるエネルギーの安全や産業の保安をより確かなものとするために、私たちはこれら基本的な行動規範に基づいて、職務を遂行してまいります。


ここまで読むと、いかにこの行動規範に則っていない活動を行ってきたと言えるでしょう。これらの責任を果たせるよう、監視する手段があるのでしょうか?彼らの責任を果たさせるにはどの様な規範がこれ以上いるのでしょうか?
# by maxlabo | 2011-07-02 13:50 | 原発人災事故

多数派工作の株主総会

東電の株主総会が開かれています。従来通りの多額の退職金をもらって、さっさと辞めるつもりの役員と、議長を務めて、一歩も引かない会長の差が明確になりました。電力業界のドンである会長はここで引き下がるわけにはいかないのです。たとえ本土が焦土と化しても最後の一兵まで引かない覚悟のようです。

この場に至っても、原子力発電の継続を求める利権団体とその手先の議員達、天下り先の確保を最優先する高級官僚、とそのおこぼれに預かろうとする部下の役人達、生活がかかっている原子力関連産業の経営者達と労働団体の思惑。それらを選挙基盤に持つ、民主党と自民党の議員達。直ちに影響が出ないうちに何とか利権を確保したい伏魔殿に国会がなっているのです。そして、事実を報道しない恣意的な新聞やテレビ達、、、

この三ヶ月間で、どれほどの嘘が重なられたのでしょう?生活のために戦争を起こしに他国に侵略する代わりに、自らの美しい国土を放棄して、未来永劫取り返しの付かない暴挙を現在進行中の一民間会社と無責任の代名詞の非安全・破壊院の犯罪が繰り広げられているのです。
# by maxlabo | 2011-06-28 15:32 | 原発人災事故

朝 四時に目が覚めてしまうと

あの日以来、世界は変わりました。同じ景色を見ても去年より確実に色あせて見えます。新緑の緑も心弾まされる事が少なくなりました。富士山を拝めても不安が先に立ちます。

なにが不幸だと言って、国民が政府を信頼できないことです。最初からメルトダウンが起こっているのは明らかなのに、二ヶ月も国民を騙し続け、本当の事を口走った審議官を更迭して、カツラで偽装した素人のセクハラ審議官でお茶を濁すやり方が、この国の若い人達にどれほどの絶望感を与えているか解らないのでしょうか?

一番許せないのは、これだけの放射能の汚染が起こっているのに、勝手に許容量を20ミリシーベルトに上げて、福島、栃木、宮城、茨城の子供達を放置していることです。水俣のように犠牲者が大量に出て、奇形がはっきりしなければ対処しないのですか?何十万人、何百万人から集団訴訟されても責任を曖昧にして逃げ切るつもりですか?

現実を直視しない、つごうのよい戦果だけを公表して、ミッドウェイもガタルカナルもレイテ沖もすべてひた隠しにして、何十万人もの空襲の犠牲者を出し続けてきた時の軍部と同じです。また、世界から一方的な東京裁判を受けるつもりですか?今回は戦勝国はありません。みな敗戦国です。

これだけの事故があっても、事実を隠蔽しながら、まだバベルの塔を作り続ける理由は何でしょう?今すぐ、即刻、原子力発電所を全て廃炉にして、日本中で足りなくなるのは、10%未満ですよ。それこそ、ピーク時だけの節電をすればいいのです。また、民間の自家発電の電力は有り余っています。それを買わせない電力会社の利権の独占をまだ続けるつもりですか?

太陽光等の自然エネルギーにはまだ時間が掛かります。ガスタービンの発電機をピーク時用に増やせば、事は足りるのです。原発を使わなくても事は足りるのです。60Hzの地域が節電をする根拠は何ですか?中部電力の浜岡が停止したからですか?茶番劇もいい加減にしてください。

a0197192_5264884.jpg
   2011.6.25 04:33

朝四時に目を覚まして、いの一番に放射線量の変化を確かめるこんな不幸な生活は、福島だけで充分すぎます。その福島も、対策は何もすすんでいません。株主総会をおそれる企業には出来ない事なのです。その利権を守らせる為の時間稼ぎで、どれほどの危険度が増したのですか?

国破れて山河ありと、南方やシベリアから帰ってきた人は、祖国の美しい景色をみて感じたそうです。しかし、原発人災事故は、国破れて山河なしになったのです。あの美しい福島の海通り地方は永遠に人の住めない土地になったのです。全ての作物、おさかなや肉も汚染されたのです。それは永遠に消えません。

懸念していたとおり、下水処理場で濃縮された放射能は人が近づけないほどの線量です。全てが下水に流れているわけではありません。まだまだ溜まっているのは、昨日の動画でもお解りでしょう。

世界はいびつになったのです。自らの作り出した悪魔に脅かされる文字通り悪夢のような世界に、今いるのです。絶望して自らの命を絶つ不幸が増えないように、出来ることから努力をするには、今の利権体制の大変換が必要なのです。利権追求は人間の本能でもあります。しかし、安全な範囲で努力をしなければ、自らを、自らの子孫を殺してしまいます。それでは何の意味もありませんね。

a0197192_5273033.jpg
今朝四時半の夜明けです。今日も暑くなりそうですね。 0.077〜0.196と大変上下していますが、平均では少し高めです。
# by maxlabo | 2011-06-25 05:28 | 原発人災事故

放射性物質は目に見えない

あの三月の水素爆発が起こった日から、日本は、世界も、それまでとは全く違う世界になりました。子供ばかりか、子孫の繁栄すら望めなくなった地域も、人々も数百万単位で発生しています。発電所からわずか200キロの首都圏、4500万人もの安全も脅かされています。放射性物質は日本中、いや世界中に拡散され、3.11以前に比べて、最低でも三倍、福島では数百倍の放射性物質が拡散・沈着しています。

四月始めに放射能値をお知らせしたしたとき、匿名で何名の人から、人心を惑わすな、測り方がおかしい、おまえの計器は汚染されている、等々のコメントが寄せられました。その値が正しいのは、昨今の地方自治体による測定結果の数値と比べても明らかです。その自治体が独自に計れなかったのは、事故当時数万個も送られてきた計測器を必要な現場に配布せず、国会でも嘘八百並べて、ごまかそうとする、役人の責任であることは明らかです。これらは、酔っ払い運転の幇助罪とおなじく事故を起こした加害者なのです。同じような責任を取る懲戒の対象ではないのでしょうか?

国民の目をごまかそう、欺こう、騙そう、という体質が今回ほど明らかになったときはありません。その人達にもお子さんやお孫さんがいるはずなのに、、、。

私の好きな曲に、さだまさしさんの「風に立つライオン」という名曲があります。日本を離れ、アフリカの大地で医療活動をする医師の手紙形式になっています。その中で『日本やあなたを捨てたわけではないのだけれど、やはり、私たちの国はどこかで道を誤ったのです』という歌詞があります。その曲を聴く度に、何時も、そうだと、うなずいていました。この事態になり、国民全体が、自分たちの道を選択できるような国作りを行わなければ、世界から笑われ、さげすまれる国に成り果てます。

海洋汚染の深刻さが浮き彫りになり、世界中の魚が影響を及ぼし始めるとき、日本は世界の人々にどのような償いが出来るのでしょうか?それらの時代になっても、天下り役人は国から退職金という控除制度を悪用して「合法的に」かすめ取った税金で、海外逃亡を謀り安穏と暮らすのでしょうか?

私の住む杉並も、いまだに夜は真っ暗です。特に杉並区役所、郵便局、警察署のあるあたりの街灯が消され真っ暗な闇です。警察署の玄関も真っ暗でした。非常時にどこにあるか解らないような警察では治安維持の役に立てません。6月に入り玄関の蛍光灯が半分だけ付きました。いい加減にして欲しいです。街灯をどうして全部消すのですか?一本おきに付けても、50%削減するではありませんか?第一、本当に電力は不足しているのですか?自家発電を電力会社の「自主的」な判断で買わなくしている法律の一行を変えれば、それですむのに。それすらも審理させない情報統制を誰が決めているのか、、、。

この国は、やはりどこかで、いや歴史をみれば、ずーっと、間違っています。ミスリードしても責任を取られないようになっているのです。困っているのは現場です。なぜ、現場の声を吸い上げないのか?だれがこの愚かな指示を間違っていると言わないのか!今は公務員一人一人の個人の資質を問われているのです。

原子力政策という、国を捨てさせるような危険を省みず、事故の鋭意追求だけを計ってきた、原子力産業。それにたかる天下り役人達。これらの追求をまったく行わない国会や裁判所。この国の三権はまったく分立していません。





6/24 朝五時の値です。

空気は0.077〜0.147ぐらいですが、例のホットスポットの値は、いまだに、3マイクロシーベルト/時・年間26ミリシーベルト以上!!!も有ります。半減期は30年以上の物質が、東京でも溜まっているのです。

計る度に命を縮めているのですね、、、。
# by MAXLABO | 2011-06-24 06:17 | 原発人災事故


Thinking out of the Box


by maxlabo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
地震
津波
原発人災事故
節電

以前の記事

2013年 10月
2012年 12月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧