<   2011年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

5/22 午後三時

大粒の雨が降ってきたのと同時に、室内の値が上がり始めました。

吹きつける雨の中計ってみると、0.203です。

a0197192_15145322.jpg


室内でも、0.137〜0.179と上がってきました。
by maxlabo | 2011-05-22 15:16 | 原発人災事故

5/22 朝四時半

a0197192_4431189.jpg

昨日の朝は、奈良にいました。この写真では0.125を示していますが、JR奈良駅前の値は、0.089〜0.137でした。今は全国こんなものでしょう。

a0197192_4445171.jpg

昼間は0.071ぐらいで安定していました。東京に比べれば低い値です。きのうは奈良女子大で小出先生の講演会があったそうです。事前に知っていれば参加したかったですね。


夜遅く東京に戻りました。今朝、4時半の値は、0.089〜0.195と幅があります。平均では、0.137ぐらいでしょうか。
a0197192_4481118.jpg



三号機の動向が心配です。また、何も言わない二号機も深刻な状態になっているのではないでしょうか?何も言わないときが怖いのは、散々されてきましたから。

国民が政府を信用できないのは本当に不幸ですね。子供の将来を考えられないのでは、政治家や行政として、それ以前に人間として失格です。
by maxlabo | 2011-05-22 04:51 | 原発人災事故

5/20  朝五時半

a0197192_4564549.jpg

0.089〜0.125です。今朝も安定していますね。以前は、0.0台が出ませんでしたから。先日、トンネルの中で、0.019を見たときには、やはり核シェルターは効くのだと実感しました。

しかし、0.089の数値も下を向くと

a0197192_4594876.jpg

0.251まですぐに上がります。50センチですと0.5近くまで行きます。相変わらず残っているのはβ線を出しているセシウムでしょうか。

グラウンド上の数値を計ってもらえないかというご依頼がありました。4月に計ったときは、公開を躊躇う数値でしたが、だいぶ落ち着いてきました。雨に洗われたこともあるのでしょう。

a0197192_562079.jpg
これが大体の平均値0.251付近です。地面の上に置いていますから最大値ですね。

a0197192_575791.jpg
雨に洗われた石の上は、0.197で下がりますが、

反対に、排水溝の近くは、
a0197192_594175.jpg
0.664と高いですが、この周辺だけです。

逆に同じ石の上でも、上に屋根があるところでは、

a0197192_5115758.jpg
0.149と大気中と変わらない値にまで下がってきました。

4月のはじめは、

a0197192_5182616.jpg

グランドで倍の0.575近くありましたし、雨に洗われる前の石の上は、

a0197192_519541.jpg
1.00もあったのです。

その頃の、部屋の空気清浄機のフィルターが、
a0197192_5223936.jpg

1.18もあったのですから。驚きました。それいらい部屋の中の方が値が強い状態が続いています。
困っています、、、。

お子さん達の運動会など悩まれる方もおられると思いますが、大気中とあまり変わらないぐらいなので、現在の状態ならそれほど心配ないといえます。
by maxlabo | 2011-05-20 05:24 | 原発人災事故

夜中の二時に

カラスの鳴き声がうるさく目が覚めました。室内のメーターが0.193に振れています。窓を開けて計ると、0.215。やばいかなとおもい、いつもの屋上へ、下を向けると値は溜まっている放射性物質で高くなるので上を向けると0.167です。

a0197192_992227.jpg
しかし、塔屋の出口から離れると0.77まで下がりました。

a0197192_995511.jpg

むっ!?当夜の中の空気が上がってきて表に出てきている暖かい空気の方が外気より値が高い!

部屋の戻り、机の上に計器を置くと

a0197192_2581549.jpg
ぎょ!

急ぎ、雑巾を持って来て拭くと

a0197192_9112698.jpg


拭いた雑巾側は

a0197192_9115387.jpg


真夜中のパニックですね。窓を全部開け放って数値の変化を見てみました。0.143あった室内の値が、一瞬のうちに0.045まで下がり、にこっとしましたが、また上がり始め0.161とあがりはじめました。急ぎ外の値を計ると0.195まだ上がっています。

そとは穏やかな月夜です。ゆっくりと風が舞っているのでしょうか。

そういえば、四月初めから続いている咳は直らないし、、深夜にカラスの声で目を覚まされたので、悪夢の中にまだいるのでしょうか?

あの3/15日からずーっと、本当の悪夢の中にいるのですが、、、


**********************************


孫さんのtwitterで紹介されてから、この方のサイトが大変だそうです。測り方が多少違っていると、それで全部を否定してくる関係者の方も多いのですが、事実は事実です。ただ、そこにお住まいの方には大変ショックだと思われますが、福島の場合は、学童は全員疎開でしょう。

4月27日の福島県本宮市の高速インター付近での動画を上げてみます。私もこの動画の投稿は控えていたのですが、、、







この地表の値を示したとき、1.5メートルでも、1マイクロシーベルト毎時を越えていました。

1μシーベルト/毎時で年間、8.76ミリシーベルトです!!!

地表の11μシーベルト/毎時では、96ミリシーベルト年間です。

この本宮より、福島市の方が高い値です。そこに子供達が遊んでいるなんて考えられません。福島県庁と文部省の対応を疑います。私の部屋の0.209でも、1.83ミリシーベルト年間です、、、。


a0197192_4311321.jpg


というわけで、これから一寝入りします。朝四時半の値は、0.089〜0.125まずまずです、zzzzz....
by maxlabo | 2011-05-19 03:11 | 原発人災事故

5/18 朝五時半 小倉 

東京よりは大分遅い夜明けです。高層階の値も0.77~0.215とめまぐるしく変わります。日本中に汚染が拡大しているのがわかります。まだまだ、漏れているのですからセシウムの半減期を考えると数値は当分下がらないでしょう。これから、新幹線で東京まで戻ります。数値はどの様にへんかしていくのでしょうか?
a0197192_5335531.jpg
この値は、0.131です。

朝一番の新幹線に乗りました。中は、0.029と値が低くほっとしますね。
a0197192_12433447.jpg


広島、福山と0.11から0.143台のまあまあの数値です。
a0197192_12443457.jpg


大阪は0.095といつもより低かったです。地上から高い所為もあるかも知れませんが。
a0197192_12455324.jpg


京都は0.065といい値です。
a0197192_12462492.jpg


岐阜に入り、大垣あたりでしょうか、0.107で安定しています。
a0197192_12471217.jpg


名古屋駅は、0.113でそんなに悪くはありません。
a0197192_12481618.jpg


静岡県は、だいたい0.10台でした。いいですね。
a0197192_12492087.jpg









長いトンネルに入ると、一気に数値は下がり0.019〜0.029と低くくなります。核シェルターですね。
a0197192_1251446.jpg












新横浜もまあまあの0.113でした。
a0197192_1252619.jpg











品川駅も悪くなく、0.101でした。東京駅も同じぐらいですが、幾分良く0.077〜0.101でした。
a0197192_12545872.jpg


中野駅まで来ると、0.143と上がってきました。
 
誤解しないでしないでくださいね。0.11台が良いと言っているのは、今の値としてです。0.03台が通常だと思いますから、これでも三倍以上悪いのです。0.114で年間被曝量は、1ミリシーベルトを越えます。呼吸等の内部被曝を考えると、やはりこの半分以下でないとおかしいです。

神戸でも、排水溝の近くでは、0.25台を示していました。確実に関西にも飛来しているという事です。
by maxlabo | 2011-05-18 05:34 | 原発人災事故

日本中に拡がる汚染

真実を報道してこなかったメディアの二ヶ月間。今になってようやくメルトダウンを認める。東電はずーと隠蔽している。保安院は何もしていない。政府は上がってきた貴重な情報を握りつぶし、後出しじゃんけんで逃げようとしている。

メルトダウンを東電が認めて、ようやくいろいろなニュースが出てきた背景を考えなければなりません。2号機、3号機の危機的状況は何も変わっていないのです。人心を入れ替え専門家の組織と原発に対して全責任を負う組織作りが一番大事なのですが、その決定が出来ない大戦下戦時の近衛文麿と同じ現在の総理大臣を許している我々の責任が一番大きいのではないでしょうか?なぜ国民的な決起集会や抗議デモが起きないのでしょう。日本ではTwitterの役割が違うようです。

a0197192_10325236.jpg
今朝は北九州にいます。昨日、神戸で途中下車したときの値は、0.147ぐらいで都会は、今やどこも同じです。吹きだまりや地表は、0.255ぐらいまで上がりますが、東京の1~2μシーベルト毎時に比べると1/10以下です。
a0197192_5144746.jpg
この0.179は小倉のホテル20階の値です。イヤになります。

http://synodos.livedoor.biz/archives/1761492.html橋本努さんのまとめです。

5月15日に放送された NHK ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」をご覧下さい。

http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/0515.html
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/16/nhk-etv-may15/
by maxlabo | 2011-05-17 10:32 | 原発人災事故

東電が秘かに削除したデータ



中日新聞 【社説】 2011年5月14日

夏の節電 見逃せぬ東電の不誠実 
 
東日本大震災で東京電力の福島第一原発をはじめ、発電能力が大きく損なわれた。節電は今夏の国民的課題だ。しかし、その前提となる電力の供給能力など、東電の情報公開は誠実さを欠いている。
 
菅政権は東京電力と東北電力管内の今夏のピーク電源の削減目標を、企業や商店、家庭ともに前年比一律15%とすることを決めた。 当初案は消費量に応じて15~25%の目標を割り当てたが、被災した火力発電所の復旧などによって供給力の増強にめどがつき、目標を引き下げた。
 
東日本大震災では福島第一原発が発電機能を失い、東北電力は宮城・女川原発などの四基すべてが運転停止に追い込まれた。火力発電所の損傷も広範囲に及んだ。この夏は企業、家庭を問わず、徹底した節電が求められている。
 
ところが、東電は出力三百八十万キロワットの福島県・広野火力発電所が復旧し、今夏の予想ピーク需要、五千五百万キロワットの供給確保に見通しがついたのに、国会議員らにはそれを伝えながら、肝心の消費者にはだんまりを決め込んだ。
 
供給確保の情報を表に出さず、電力不足を大々的にキャンペーンすることで、脱原発を牽制(けんせい)したと受け取られても仕方がない。
 
中部電力は菅直人首相の要請で東海地震の推定震源域の真上にある浜岡原発を全面停止し、東電への七十五万キロワットの支援打ち切りを決めた。東電は少しでも多くの電力を確保しておきたいところだが、あっさりと受け入れ、しばらくの間供給力回復に口をつぐんだ。
 
日本には五十四基の原発があり、今や半分以上の三十二基が止まったままだ。原子炉停止はさらに増える見通しで「脱原発」と見まがう光景が目撃されるだろう。
 
原発の安全神話が崩れると、一転して「想定外だった」と釈明する東電などの電力業界に、原発銀座と呼ばれる福井県に加え、新潟、島根県などの自治体は不信感を募らせ、定期点検などで休止している原子炉の再稼働を「現時点では認められない」と拒んだ。
 
国民は電力供給の窮状を感じ取り、愚直に節電に努めている。エアコンに比べ消費電力が格段に少ない扇風機が爆発的に売れている現実を見れば、それは容易に想像できる。
 
電力の供給状況を消費者に誠実に伝え、大停電を招かぬための節電に協力を求めることこそが筋ではないのか。電力業界の顧客でもある国民を侮っては、逆風が一段と強まることを知るべきだ。





東京電力は、原発維持のため公開していたホームページの昨年度の原子力発電の実績を削除しました。
下記はキャッシュに残っていたデータです。拡大してじっくりご覧ください。

a0197192_10472873.jpg


これを見ると昨年度の発電設備出力は8460万KWで、そのうち原子力は2280万KWで差し引き6180万KWの能力があった。地震で停止中の火力発電所を差し引いても、昨年度のピーク5999万キロは足りている。国民に15%削減を依頼する根拠はありません。

原子力を即時止めても間に合っている事実を隠している盗電の体質は変わりませんね。この状況になっても、まだ原子力は経済的だと、地域や経済に貢献していると、言い続けているのです。政府も通産省も、経団連も、もちろん電力会社も!
by maxlabo | 2011-05-16 04:51 | 節電

抜本的な対策を!

a0197192_10314443.jpg
5.15日曜日の朝五時半です。少し高めですが。



大地震、大津波による電源喪失とその後の対応のまずさ、政府の基本的な無知による判断の誤りにより、二ヶ月経過した現在でも、危機的状況は続いています。

文字通り「天災と人災」なのです。地震や津波は定期的に起こるもので避けようにはありません。二度あることは三度ある。抜本的に津波が襲ってくるところには、住めないという事です。津波に完全に沈んだ町でも、強固な鉄筋作りのビルは残りました。その屋上に避難した人は、高さが間に合えば助かったのです。三陸のリアス式の海岸では、津波の高さや力がが何倍にも増幅されて襲います。震災後いろいろと発行された写真の雑誌を見ても、その恐ろしさが伝わってきます。あの真っ黒な悪魔のような津波に襲われた経験は忘れられるものではないでしょう。

三陸の対策は、大規模な土地開発を行えば、丘の上のニュータウンは出来ます。民間のデベロッパーに案を出させて、市民全員が決めればいいのです。そこに議員を介在させない条例を作ればいいのです。利権と考えるから案がまとまらないのです。競争の原理を働かせて対応することを望みます。

問題は、人災の方です。

これは当初から、原因を作り、邪魔をして、自らは現場から逃げ帰ってきた非安全・不保安院の責任は重大です。また、原発温存を謀っている管政権には、できない事は判っているのですが、マーフィーの法則のように、最悪の時に最大の事故が起こるのです。一番の問題は、この事故で原発がどれほどの危険で、危機的な状況だという事をいまだに判っていない政府とその根本的な体質です。またすぐにでも関東大震災が来ようとしているとき、国民的危機の時に安穏とテレビを放映させていること自体が、おかしいのです。何とか、何にもなかったように振る舞おうとする日本の状況は明らかに、真実を伝えないマスコミに責任があります。

今は、危機的な状況です。よその国なら、マーシャルロー・戒厳令が引かれている事態なのです。原子力相手の、待ったなしの戦争状態なのです。国民全てが、この非常時に対して真剣に、対応しなければなら無い時なのです。

昔の映画にあった様に、見えない敵には、戦争をしにくいのが実情ですが、アメリカ政府なら、マスコミに現場まで案内させて、現地発のビュースをお茶の間のゴールデンタイムに送り込み、国民の意識、英知を集中しているでしょう。

また、海水放出が始まり止まらない以上、海洋汚染は福島や日本だけの問題だけではなく、世界中に深刻な汚染を引き起こします。食物連鎖が始まり、最終的には人間へと因果は戻ってくるのです。

今すべきことは、まず、東電に現場を任せるのではなく、日本中の、世界中の英知を集めて抜本的な対策を打ち出すことです。

日露戦争の時、国家予算の七倍の外債を売ってしのぎました。現在は内債で対応できます。この国家的な重大事に、しっかりと政府は責任を持って、国家プロジェクトとして地震と原発事故に対策を打ち出すべきです。東電に自己の責任を押しつけて、その範囲でを納めようとする、役人の発想しか出てこないのが抜本的な人災です。

まず、基本的な姿勢から変えなければなりません。原発はランニングコストは石油、石炭、天然ガスを輸入しなくてもすむので安く見えますが、使用済燃料の何十年もかかる始末や廃棄方法に膨大なコストが掛かります。一度事故が起これば何兆円単位で費用が発生するからです。不幸中の幸いで、福島は太平洋に面し、事故が発生したときは季節風が陸から吹く三月でした。台風の時にこの事故が起きたら、半径千キロ圏内が、現在の福島状態になるのです。

二ヶ月もの間、国民を騙してきたマスコミ、御用学者、有形無形の圧力を掛けてくる電力会社と天下り役人集団に対策を取らしていてはだめです。このリストを見るといかに役人は腐っているかが判ります。原子力ばかりではなくありとあらゆる分野がそうです。

東京電力
◆ 白川進・代表取締役副社長(2010年6月退任、引き続き顧問。元通産省資源エネルギー庁公益事業部長、同省基礎産業局長)

東北電力
◆ 佐々木恭之助・取締役(2009年6月退任、元通産省中小企業小規模企業部参事官)

関西電力
◆岩田満泰・代表取締役副社長(2009年6月退任、元通産省大臣官房審議官)
◆ 迎陽一・常務取締役(現職、元資源エネルギー庁電力・ガス事業部長)

中国電力
◆末廣恵雄・代表取締役副社長(2009年6月退任、元資源エネルギー庁官房審議官)

北陸電力
◆ 荒井行雄・常務取締役(現職、元通産省大臣官房審議官)

中部電力
◆ 水谷四郎・代表取締役副社長(2009年6月退任、引き続き同社顧問。元通産省生活産業局長)

北海道電力
◆ 山田範保・常務取締役(現職、元通産省通商政策経済協力部長)

九州電力
◆ 横江信義・取締役(2008年6月退任、元通産省大臣官房審議官)

四国電力
◆中村進・取締役(現職、元原子力安全・保安院首席統括安全審査官)

http://www.mynewsjapan.com/reports/1416より転用


これらを一掃して、政府が抜本的な対策を至急取らなければ、この国は亡くなります。これほど、インターネットが普及してきているとき、行動を取らない、取れないのはどうしてでしょうか?

まず、現状を把握して欲しい、海外のマスコミのニュースを見て欲しい、自動翻訳出来ますから、完璧ではないですが、意味は分かります。現状がどれほど切迫しているか、なぜ外国が日本からの退出を決めたのか?その理由を見て欲しいです。

代表的なBBCとアメリカのニューヨークタイムズの記事を見てください。海外から今の日本がどのように見られているかが解ります。なぜ外人が日本に来ないかも。
by maxlabo | 2011-05-15 09:35 | 原発人災事故

5/14 茅野市 朝5時

a0197192_16333220.jpg

昨日からの猛烈な黄砂もだいぶとれてきました。茅野市の朝の値は0.095です。しかし、室内は0.17ぐらいで、家の中にも放射性物質が入り込んでいるのが判ります。

朝の内に東京まで戻ってきました。相模湖の小仏トンネルまでは、0.095ぐらいまでだった車内の値が、トンネルをくぐって東京に入った瞬間に0.185まで上がったのにはやはりがっかりです。八王子ぐらいまで下がってきたら、0.11ぐらいには下がってきましたが。


家に帰ったら、今週の出張中に購入した大型の掃除機がありました。大きすぎて普通は使えないような笑ってしまう大きさと重さです。畳も吸い上げるほどの吸引力です。

a0197192_16564246.jpg


使用前と
a0197192_16524618.jpg

使用後です。
a0197192_16532810.jpg


何遍も吸い込んでみました。

おかげさまで、部屋の中のざらつきもなくなりきれいになりましたが、、、

さて、室内の放射能対策はどうしたものか、、、?




ついでに屋上にあがり例のホットスポットの測定も行ってみました。

これが、4/12の動画でした。




5.491まで上がっていました。

a0197192_17222379.jpg


今日もまだ、4.569(地上1センチ)でありました。実際には、1センチの差がありますから、同じぐらいの値でしょう。一月経っても変わらない放射性物質です。


a0197192_17253594.jpg
計器を空に向ければ、ここまで下がるのですが。




今夜は、三号機の動向が大変気になります。明日の朝の数値が変わらなければ良いのですが、、、。

 

追記 畳の部分と木の床の放射線量の違い

木の床は、濡れぞうきんで拭き取れば0.137ぐらいの値も0.08〜0.09台まで一挙に下がります。

a0197192_20454499.jpg


それに引き替え、わずか40センチの違いで、多々の部分は0.2以上もあります。

a0197192_20492637.jpg


躯体は同じコンクリートです。コンクリートから発生している部分ももちろんあるでしょうが、この値の差はありません。このような値は見たくない人もおられるでしょうが、これは実際の値です。

そこで、濡れぞうきんで一生懸命拭いてみました。
a0197192_21102348.jpg


下がりました!五、六回拭き取れば、捕れたようです。ご心配をお掛けしました!

掃除機では畳の奥まで入った放射性物質はとれないけど、床はある程度きれいになります。しかし、濡れぞうきんが効果的ですね。その雑巾はしっかりと濯がないといけませんが。

a0197192_2156690.jpg
今日の夕方の壮絶な夕日です。このあと日が沈んでから、もっと凄くなりました。

昨日、長野の山の中で、0.019という最低値が一瞬でました。正直嬉しかったです。
by maxlabo | 2011-05-14 16:33 | 原発人災事故

5/13 大阪 朝五時

大阪の空気は、軽い放射性物質が舞っています。

a0197192_5494358.jpg


a0197192_5502928.jpg


この0.047が値の差が10秒ほどで0.185までかわるのです。吹き抜けの風が通るビルの中には着実に放射性物質がたまっています。



昨日になって、一号機には水が入っていないと発表しました。その前までは一号機は水棺にすると言っていたのです。東電は常に間違った情報を出し続けています。

東電の発表は常に恣意的です。基本を押さえていないから、常に推察の数値を発表して混乱させてきました。保身と欺瞞の会社にこの国の運命をゆだねていていいのでしょうか!そして政府はそれを容認しているのです!

何故?政府が責任を持って調査をしないのですか?何故その声が内部からでないのでしょうか?国がなくなるかもしれないときに!



 
小出さんの嘆き、怒りは我々の不安・怒りです。

 

広瀬隆さんの淡々と説明されている事実が恐ろしいです。



MOXを使っている三号機の状況も東電は本当のことを言っていないとしたら、現在何がおこっているのでしょうか。政府は、東電には事実を隠す権利があるのでしょうか?これは国民主権の根本的問題です。
by maxlabo | 2011-05-13 05:44 | 原発人災事故


Thinking out of the Box


by maxlabo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
地震
津波
原発人災事故
節電

以前の記事

2013年 10月
2012年 12月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧