<   2011年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今日の値

今日も昨日とあまり変わりませんが、少しづつ値は下がってきています。0.077〜0.134というところでしょうか?10分間の平均を見ればデータとしてはより正確ですが、最大値を知りたいので、3秒ごとの設定にしています。それでも、ときどき0.055が出るとほっとしますね。それ以下はまだ見たことがありません。大気の値が下がってくると気になるのは室内の値です。0.137〜0.197などの高い値を示しています。ちょっとしたくぼみとか部屋の隅などが高いです。強力な掃除機、排気のきれいなタイプですね、放射能にはしっかりしたフィルター方式の方が良いようです、でしっかりと掃除、そして、濡れぞうきんがけが効果がありますが、3回ぐらい掃除しないと値が下がりませんね。掃除機のフィルターや空気清浄機のフィルターにも溜まります。

でもその値は、福島値よりはるかに低いから大丈夫ですが、学校の許容量を1ミリから20ミリにいきなり上げる暴挙は誰が決めたのでしょうか?中央官庁の役人の指導なら、妻子を福島に住まわせるべきです。発電所から北西の方向には濃い放射能が飛来して雨が降ったのです。一月経ってようやく福島の値を公開し始めた姑息な手段に憤りを感じています。

問題は水道水です。こちらも一挙に規制値が20ベクトルにあがりそれ以下はなんと!未検知と言うことにしました。未検知ではなく関知せずということでしょう。発表できない値になっているからだと思います。室内はマスクをして掃除すれば、かなりは防げますが。飲み水は内部被曝になります。こちらは、RO膜で自衛しなければなりませんが、現在は価格が暴利です!大量に仕入れて求めやすい価格帯にしないとなりません。
by maxlabo | 2011-04-22 09:57 | 原発人災事故

一つの嘘から全てが失われる

全ては、東電の初動作業の遅れから始まりました。そしてやるべき時に問題を先送りにする無責任な中央官庁の役人の怠慢と弁明に終始する政府の大きな嘘から始まったのです。水素爆発の前の海水投入。水素の逃げ道。昼夜突貫の電源普及工事。やるべき手はいくらでもあったはずです。それを小手先の弁明に追われているから、大局を見失ったのです。首相の無策と官房長官の嘘は大罪です。放射能は年間蓄積量が大きな影響を及ぼすのです。

今は非常事態なのです。放射能との大戦争の真っ最中なのです。その前線の部隊に、極めて限定された兵力だけを固定して投入しているだけです。東電の首脳陣は、退職金辞退だけで現場から逃げようとしているのです。地震津波の復旧も復興もそれを行う前提が揺らいでいるのです。どうしてか休眠中だった火力発電所や揚水型発電所の活用で、5700万KWまで供給できるとようやく内部資料が流出しました。それならば、いますぐ危険な原子力発電所は止めるべきです。それを行いたくないために、大嘘を言っているのでしょう。

福島第一の収束には、一企業や関連企業の限られた知識ではなく、広く他の産業にも教えを請うべきです。そのためにも非常事態宣言を出してそれこそ、国民全員が事実を認識すべく、正しい数字、現状を使えるしか有りません。いまだに放射能メーターは全世界的に品不足です。LEDを売る前に電気メーカーは測定器を大至急大量生産して、国民に渡すべきだと思います。その上で、各自が判断するしかないのです。放射能が漏れ続けて一月以上、いまだに流出は止まらないからです。東京の私の家でもこれだけの汚染があると言うことは、放射能の降灰は東日本全体を広く覆っているからです。セシウムの数値は広く関西地方まで拡がっています。

毎日公表される文部省のデータでは、「全国大学等の協力による空間放射線量」の一日の値が一番近いと書きました。4/194/18と毎日公表されているのですが、この試みが開始された直後の3/30の値の文京区の数値を見てください。この数値はほぼ私の記録と一致します。すなわち0.3マイクロシーベルト/時間平均なのです。24時間の総量は6ミクロシーベルトに達していました。そして、ようやく4/12になって関西の数値も入って来る様になりました。この全国の大学の値と各都道府県が公表している値には2〜3倍の開きがあります。二割〜三割ではありません。

この一ヶ月間の積算が、屋上の吹きだまりの数値に表れています。昨日は、大雨が降りました。どのくらい数値が下がるかと期待していました。3〜4割は流れてくれたようです。その分、川や海は相当な量の放射性物質が流れていったのでしょう。

a0197192_962453.jpg
今朝の屋上のきれいな部分は、ごらんのように0.46ぐらいまで下がってきました。すぐ隣の花粉や黄砂の残っている部分は

a0197192_965353.jpg
この値2.5も以前から比べると半分ですね。

例の場所も6割ぐらいになりました。大雨は相当効果がありますね。しかし、これが土の土壌だと地中にしみ込んでいきます。地表の部分を取らなければいけないでしょう。

今日の大気は、0.125でまあまあです。これでも文部省の値より二倍ほど高いですが、、、。
a0197192_21453171.jpg


問題は室内の累積汚染です。空気清浄機のフィルターの値が1.18と高いのです。
a0197192_982142.jpg
驚いて、流しでこのゴミを洗ったら、洗面所の数値が0.3ぐらいで一辺に3倍になりました。いくらは洗っても下がらないのでよく見ると、洗面のゴミトラップに清浄機の綿埃がこびりついていました。正常な数値に戻るまで三回も洗剤でごしごし洗いました。汚れは外で流さないと洗面所があとから大変です。

ふーっ!

追加写真(下欄のコメントから)

a0197192_20281761.jpg
それでも、5〜6マイクロ有った値が下がってきて良かったです。
by maxlabo | 2011-04-20 08:01 | 原発人災事故

年間被曝量について

年間被曝量についての値変更が、どんどん行われています。本来、通常の人が一年間に被曝して良い限界は1ミリシーベルトでした。時間あたりだと、1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト÷365日÷24時間ですから0.114マイクロシーベルトです。毎日、お伝えしている東京の私の値は、0.135平均ですから、年間被曝量を超えています。原子力の仕事に専門的に携わる方でも、20ミリシーベルト/年間でした。今回はそれでは間に合わないから、100ミリシーベルトにしろと変えました。そして厚生労働省が、それでは間に合わないから250ミリシーベルトにしろと突然変えました。現状では57ミリシーベルトですから、四時間半働いたら限界を超えます。専門の労働者を数千人集めないと、作業が出来ないと思います。今回はそれをなんと500ミリシーベルトにするといっているのです。余りにも非人道的な事です。

当初から、皆さんの最大の不安は、東電も政府も本当のことをいっていないという不信感です。容器が壊れて要るということは、地震の八時間後には発生しています。それなのに、その事実を一ヶ月も伏せたまま、避難勧告を出したのです。文部省の放射線量は最小値を示しています。私の実測値では、水戸の値と一致しています。すると水戸の値は、もう三倍高いということです。文部省関係の数値では、「全国大学等の協力による空間放射線量」の文京区の値が一番近いです。この数値もどんどん消えていきますから、PDFをダウンロードしてください。
by MAXLABO | 2011-04-19 12:31 | 原発人災事故

クーリングタワー

今の政府はレイムダック化していますから、責任ある強力なリーダーシップを発揮できる人にでて欲しいのですが、本当に政治家には人材がいません。それは野党の自民党にもいえることです。自民党がだらしないから、小沢降ろしばかりを画策しているから、消去法で今のようなことになったのです。自民党の各政権、現在の首相、幹事長、官房長官、経産相の責任は大変重いです。また、東京電力の首脳陣は何とか逃げ出すことを画策しています。しっかりと刑事訴訟をしてこの大罪の責任を明らかにしなければなりません。
 
しかし、現場に行かないで、どうして実情が解るのでしょうか?原発事故などという思ってもいなかったことで、ご遺体も放ったままで、家畜もそのままで強制的に退去された人達、また、実際には大変な降灰があったのにその事実を知らせず、一月も高濃度の地帯に放置されたエリアの人達。役人の事なかれ主義と監督不行届の政治が招いた大罪です。想像力を欠いた学者達、金まみれになって本来の道を外れてしまい、取り返しのつかない道に国民全員を引導してきた罪は大きいのです。

問題は、現状の打開策です。海水をとりこむ今の冷却方法では無く、外部に冷却循環装置を作るのが一番早い方法でしょう。原子炉そのものを囲む大型水槽を作り、何重にも囲むしか方法はないように思えます。問題は直下型の地震ですが、このまま何もしないで、原子炉自体が壊れるよりマシです。その水の処理ですが、日本の原発は直接海水で冷やす方法をとっています。四方を海に囲まれた環境だからとってきたともいえるのですが、54基の原発が海に出す熱は膨大です。

一説には、大河の流水量にも匹敵する毎秒70tもの大量の水を瞬時に7度も上げる熱が排熱されてます。その膨大な熱を海水を直接取り入れて冷やすという、安易な方法をとってきました。CO2による地球温暖化といいますが原子力発電所が直接海水を温めている量は莫大なエネルギーになります。海水で直接冷やすのはおそらく日本だけの仕組みではないでしょうか?ヨーロッパの欧米の原発プラントは遠くからでもすぐ解ります。
a0197192_228128.jpg
このような巨大なクーリングタワーが林立しているからです。高さは120mもある煙突は、煙突下部に冷たい水を流し、煙突の中で暖まった熱交換水が噴霧され、下から上がってくる大量の空気に冷やされ冷たい水となって循環されます。気化熱を利用した巨大な熱交換機です。プールに溜めた水を再冷却して何度も使用しているのです。ヨーロッパでは、排水の温度規制が厳格で生態系を壊す恐れのある温水の排出は出来ないからです。今回の様な安易な海への汚染水排出は考えられない犯罪行為です。事が収束したら、収束できたら、周辺諸国から賠償請求が来るかも知れません。
a0197192_5283599.gif
この写真を見れば、いかに冷却塔が巨大な物か解ります。この施設を最初から持っていれば、真水しかないし、その水を繰り返し使えるわけですから、今回の様な海洋流出の事故にはならなかったはずです。今となっては汚染された水を直接空中放出は出来ませんから、間接的な冷却になるでしょうが。

全ての原子力プラントを順次停止していくことが、この狭い地震や火山の列島に住む私たちの義務だと思います。浜岡だけは即刻停止です。そして燃料棒の安全な保管施設を作らなければなりません。

***********************************

今朝は雨が降っています。午前六時の杉並の値は、0.161〜0.215で高めです。風が東北方向からなのでしょうか?
by maxlabo | 2011-04-18 22:10 | 原発人災事故

早く浜岡を止めなくては!

浜岡原発に、今回のような地震が来たら、事故の規模は福島よりはるかに深刻です。東海道メガロポリスを直撃するだけではなく、静岡、神奈川、愛知、長野、山梨、そして東京にも甚大な被害が及ぶからです。今回の福島の地震はマグニチュードは9.0というとてつもない大きさでしたが、海岸から200キロ近く離れていましたし、深さも25キロでした。しかし、浜岡では直下型の地震が来るといわれています。今回の福島でも、電源関係は津波に流されましたが、原子炉そのものの破損は、震度6強の地震で起こったともいわれています。浜岡ではやはり古いGE製の福島と同じ型の原発が動いています。

これだけの災害に発展してなぜ、中部電力は直ちに止めて、安全を確保しないのでしょうか?なぜ国の安全・保安院という名前の組織は、止めさせようとしないのでしょうか?現状でも取り返しが付かない状況なのに、なぜ、安全第一に考えないのでしょうか?

今回の地震を契機に日本列島は、地震と火山の活動時期に入ったそうです。300年前の富士山の噴火も東南海地震がきっかけでした。東の北米プレートと西のユーラシアプレートそこに食い込んできているフィリピンプレートのその一番危ない位置に浜岡原発はあるのです。

浜岡の位置は、静岡の御前崎です。東名道路・新幹線・国道一号まで20キロ有りません。福島と同じ事が起これば、この三つの大動脈は使えなくなるのです。失礼な言い方になりますが、影響力は福島とは比べものがありません。鳴り物入りで、税金を投入して作った富士山空港までも25キロです。浜松、静岡も40キロです。ここに福島と同じような老朽化した原発がまだ動いているのです。関係者の想像力の欠如は、度し難い物があります。この場に及んでも自分だけは大丈夫と思いたがっているのです。

この原発や福島の原発を作られたGEの元技術者菊地洋一さんの訴えを是非聞いてください。

http://youtu.be/gNWVljrvl3o

http://youtu.be/Rbj-vPouRxg

今日の値は、0.077から0.099ぐらいです。時々、0.055などという数字も見ました。こんな低い値は初めてですが、部屋に戻ると、0.135〜0.177ぐらいでした。部屋中が汚染されているのでしょう。でも、どうやって掃除をすればいいのでしょうか?
by maxlabo | 2011-04-17 16:01 | 原発人災事故

外国人観光客の来日減少

いつもは、外国人観光客で溢れている浅草もほとんど外人の姿を見れなくなったそうです。やむを得ないビジネス客を除き、一般観光客はほとんど東京には来ません。原発問題が片付いていないときに観光客が来ないのは当然です。東京のホテルの稼働率は三割程度に落ち込んでいます。動かないのは外人観光客ばかりではありません。国内の旅行も大幅に自粛されています。

中国人観光客の大盤振る舞いに潤っていた秋葉原や銀座の落ち込みも大変大きく、死活問題になってきました。原発事故が終焉しなければ、日本に観光に来る人は激減するのは目に見えています。官民が癒着してきた原発推進が、神の逆鱗に触れて農業、漁業、工業、産業、観光にも大打撃をあたえているのです。

この場に至っても、まだ原子力発電を温存しようとする思惑が、事実を事実として伝えない会見報告になっています。特に官房長官の会見は、常に言質を取られたくない弁護士特有の言い回しで、矛盾した話ばかりです。その象徴が「直ちに影響はないが、、、」という言い回しに現れています。無責任な避難勧告、自主避難などと言う曖昧な表現で混乱に輪を掛けています。専門家を使わない理由は、事実を言われたくないからだと思われてもしかたがありません。東電と通産省による癒着構造が真実を告げられない記者会見に現れているのです。

放射能をまき散らしている状況が止まらない以上、年間被曝量も増えていきます。数字をごまかすための年間被曝量の上限を1ミリから20ミリシーベルトに上げる暴挙に現れているのです。安全・保安院という名の胡散臭い存在が無くならない以上、この大本営発表の茶番劇に付き合わなければならないのは、我が国の悲劇です。ばらばらの原子力行政を一本化できずにどの様に処置していくのでしょうか?基準が安全というなら、関係省庁の会議を福島に移動して、現場で指揮を取るべきです。決定権のある参謀が遠く離れた東京で安穏としているのでは戦になりません。現状では敵は本能寺にありです。

外国の友人と話すと、いつまで日本にいるのだと常に訊かれます。日本沈没のストーリーが現実になたのです。日本産の食べ物が輸入規制を受けているように。これから日本人はいろいろな差別を受けることでしょう。高級ホテルやレストランには入れて貰えなくなりかもしれません。空港には日本から来た旅客は、入国する前に特殊な部屋に入れられ、放射能をチェックしなければ入れて貰えなくなる恐れもあります。世界のとくに近隣の諸国の日本を見る目が、羨望から誹謗に変わるでしょう。戦後日本が営々と築き上げてきた安全・平和という大事なイメージが大きく損なわれたのです。

関係者の「想定外だった」と言う言葉は、本当に大きな意味を持ってくるのはこれからです。私の屋上の吹きだまりに溜まった放射能の値をみて、様々な専門家が、計り方がおかしいとか、嘘を言っているとか、計器が汚れているとか、いろいろなことを言われているようです。私の計器は放射能を検知して警告を出すタイプです。アルファ、ベータ、ガンマ、X線を計ります。セシウム137を計測しています。3秒ごとに放射能をカウントしているのです。正確な量は10分間の平均値を出すのですが、三秒おきに更新される方が検知器としては使いやすいのです。

屋上の花粉と黄砂が溜まった場所には放射能を出す物質が溜まっています。最大値では6〜7μシーベルト毎時をだしています。その他の平均レベルも1〜2μシーベルト毎時です。計器をその上に置いたら大きな値が出るのが当たり前だと言われました。第一、そんなところに座らないだろう!?とも言われました。でも、屋上の値はどこの吹きだまりでも同じです。雨に流されてきたゴミが溜まっているところはこの値より濃くなっています。そんな場所が、至る所にあり、そこで子供達が遊んでいるのです。学校の校庭も公園の芝生の上も、砂場でも同じ量の放射性物質が降り注いでいるのは事実です。福島の人災がなければ、あり得ない高度のレベルがです。

一日も早く、放射性物質が空気中や、海中に流れ出すのを止めて下さい。現在の空気中の平均レベル0.135μシーベルト毎時が発生以降の一ヶ月で、97μシーベルトに達しています。年間にすると1.17ミリシーベルトです。1ミリを越えているのです。文部省発表のレベルは私の計器の半分を示しているようです。計っている場所が地上から離れている4〜5階の室内で計っているそうです。安全率を取りたいのでしょう。私は最高値で考えていきたいです。安全を考えればあたりまえでしょう?
by maxlabo | 2011-04-14 21:59 | 原発人災事故

なぜ原発は推進されるのか

なぜ原発は推進されるのか

(理由1)原子力産業や建設会社などが原子力で儲け続けるため不公正な圧力を加えているから
(理由2)費用をすべて電気料金に上乗せできるから
(理由3)過疎で悩む地元に莫大なお金を落とすから
(理由4)原発推進のためにすごいお金をかけてPRしているから
(理由5)原子力技術を持っていればいつでも核兵器をつくることができるから
(理由6)政策決定に市民が参加できないから

そしてもう一つ重要なことがあります。それは私たち市民(国民)全体の問題です。

(理由7)政策決定に市民が参加しようとしないから


http://www.nuketext.org/suishin.html

そして、原子力発電所と地震の関係について、2008年にまるで予測するかのように丁寧に書かれています。

http://www.nuketext.org/earthquake.html


原子力発電がなぜ止められないかを説明したわかりやすいサイトです。是非ごらんになってください。

原子力資料情報室の放射線測定結果が発表されています。
by maxlabo | 2011-04-14 00:02 | 原発人災事故

このサイトについて

親しい友人向けに作ったサイトでしたが、一昨日、文章と写真を無断引用されてから、アクセス数が異常な数字になりました。自分の意図した方向ではなく引用されているので、当分の間、数値の公表を控えさせて頂きます。

発生当時の異常値に比べ、今は、だいぶ落ち着いてきました。このままの推移で落ち着いてくれればいいのですが。異常がでたときにはお知らせするつもりです。

ご了承ください。
by maxlabo | 2011-04-13 18:22 | 原発人災事故

4/13 朝5時台

今日も良い天気、穏やかな朝です。値も0.077から0.125ぐらいでさほど高くなくてうれしいですね。

a0197192_6103561.jpg

そうそうビニールに入れてくださいという声もあったので、冷蔵パック用の袋に入れてみました。

コンクリートの上ではなく地面では?という声にお答えして、計ってみました。裏庭の草の上なのですが、0.371です。
a0197192_6114024.jpg


まあまあですね。雨が効いたかな?でもすぐ隣のコンクリートの上では、1.00でしたね。
a0197192_6123899.jpg


気を取り直して、パジャマのまま、近くの公園へ行ってみました。まだほとんど歩いていないから大丈夫です(笑)
a0197192_6145184.jpg

おっ!0.473は前より下がっている大雨の効果は大きいようです。それでは土の上は?

a0197192_6155161.jpg

0.389です。こちらも下がっていますね。念のためその隣で計ると、、、

a0197192_6163655.jpg

少し高くなりましたが、0.575です。この数値なら以前よりだいぶ下がってきています。

このまま落ち着く方向に行ってくれれば、雨が降るごとに下がっていくでしょう。そう願いたいです。

 
屋上の汚れを水で流したらどうなるかの実験もしてみました。空気は0.88でいい値ですね。うれしいです。屋上の値は10センチ程度離れると1.000ぐらいで、屋上の平均値です。水を流すと半分ぐらいになりました。



左手に計測器、右手にカメラで中腰なので、ふらふらしています。見にくいかも知れませんが、、

結果はだいぶよくなるみたいです。日曜日に高圧洗浄機で洗うことにします。


記事や写真・動画の無断引用をお断りいたします
by maxlabo | 2011-04-13 06:29 | 原発人災事故

4/12 屋上の値



今日の値です。少しは下がっているのでしょうか?

記事や写真・動画の無断引用をお断りいたします
by maxlabo | 2011-04-12 21:51 | 原発人災事故


Thinking out of the Box


by maxlabo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
地震
津波
原発人災事故
節電

以前の記事

2013年 10月
2012年 12月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧