カテゴリ:原発人災事故( 122 )

原子力安全・保安院の使命

ウォール・ストリート・ジャーナルの7月1日号に「設計上の欠陥が事故を悪化させた」という記事がのりました。東電の元技術者や副社長にまで取材した記事で、根本的な問題があったと伝えています。詳しい内容は読んだいただければ解りますが、問題は現場の技術者がわかっていても、金が掛かるという視点からしかみられていないことです。安全・保安院も本質的な問題は、設計時に考慮され尽くしたとして、何も検討されていなかったのです。

「始めにこの古い原発を使い続ける結論ありきで、2001年には、福島第1原発1号機の、30年間の運転許可が切れることになっていた。東電は10年間の更新を求め、受理された。2011年初め、東電は再度の更新許可を得た。事故のわずか5週間前だった。政府審議を要約した議事録によると、規制当局は、旧型の原子炉の基本的な設計に欠陥があるか否かを、検討し直すことはなかった。」

と、この記事には書かれています。

原子力安全・保安院のホームページには、

「原子力安全・保安院は、右に掲げる各分野のエネルギー施設や産業活動の安全確保を使命とする国の機関です。たゆまず「安全」という永遠のテーマに取り組んでいきます。」

と書かれていて、その、NISA(Nuclear and Indutrial Safety Agency)の行動規範は下記のようになっています。


NISAは、エネルギー施設や産業活動の安全を守り、万一の事態に的確に対応するため、「強い使命感」「科学的・合理的な判断」「業務執行の透明性」「中立性・公正性」の四つを行動規範としています。

第一に「強い使命感」に基づき緊張感を持って業務を遂行します。

第二に、安全・保安行政の専門家として現場の実態を正確に把握し、「科学的・合理的な判断」のもとに行動します。

第三に、国民の皆様の信頼と安心感を得るため「業務執行の透明性」の確保に努めます。情報公開に積極的に取り組み、自らの判断について説明責任を果たしていくことを重視します。

第四に、「中立性・公正性」を大前提として安全・保安行政を遂行します。

国民の皆様の暮らしを支えるエネルギーの安全や産業の保安をより確かなものとするために、私たちはこれら基本的な行動規範に基づいて、職務を遂行してまいります。


ここまで読むと、いかにこの行動規範に則っていない活動を行ってきたと言えるでしょう。これらの責任を果たせるよう、監視する手段があるのでしょうか?彼らの責任を果たさせるにはどの様な規範がこれ以上いるのでしょうか?
by maxlabo | 2011-07-02 13:50 | 原発人災事故

多数派工作の株主総会

東電の株主総会が開かれています。従来通りの多額の退職金をもらって、さっさと辞めるつもりの役員と、議長を務めて、一歩も引かない会長の差が明確になりました。電力業界のドンである会長はここで引き下がるわけにはいかないのです。たとえ本土が焦土と化しても最後の一兵まで引かない覚悟のようです。

この場に至っても、原子力発電の継続を求める利権団体とその手先の議員達、天下り先の確保を最優先する高級官僚、とそのおこぼれに預かろうとする部下の役人達、生活がかかっている原子力関連産業の経営者達と労働団体の思惑。それらを選挙基盤に持つ、民主党と自民党の議員達。直ちに影響が出ないうちに何とか利権を確保したい伏魔殿に国会がなっているのです。そして、事実を報道しない恣意的な新聞やテレビ達、、、

この三ヶ月間で、どれほどの嘘が重なられたのでしょう?生活のために戦争を起こしに他国に侵略する代わりに、自らの美しい国土を放棄して、未来永劫取り返しの付かない暴挙を現在進行中の一民間会社と無責任の代名詞の非安全・破壊院の犯罪が繰り広げられているのです。
by maxlabo | 2011-06-28 15:32 | 原発人災事故

朝 四時に目が覚めてしまうと

あの日以来、世界は変わりました。同じ景色を見ても去年より確実に色あせて見えます。新緑の緑も心弾まされる事が少なくなりました。富士山を拝めても不安が先に立ちます。

なにが不幸だと言って、国民が政府を信頼できないことです。最初からメルトダウンが起こっているのは明らかなのに、二ヶ月も国民を騙し続け、本当の事を口走った審議官を更迭して、カツラで偽装した素人のセクハラ審議官でお茶を濁すやり方が、この国の若い人達にどれほどの絶望感を与えているか解らないのでしょうか?

一番許せないのは、これだけの放射能の汚染が起こっているのに、勝手に許容量を20ミリシーベルトに上げて、福島、栃木、宮城、茨城の子供達を放置していることです。水俣のように犠牲者が大量に出て、奇形がはっきりしなければ対処しないのですか?何十万人、何百万人から集団訴訟されても責任を曖昧にして逃げ切るつもりですか?

現実を直視しない、つごうのよい戦果だけを公表して、ミッドウェイもガタルカナルもレイテ沖もすべてひた隠しにして、何十万人もの空襲の犠牲者を出し続けてきた時の軍部と同じです。また、世界から一方的な東京裁判を受けるつもりですか?今回は戦勝国はありません。みな敗戦国です。

これだけの事故があっても、事実を隠蔽しながら、まだバベルの塔を作り続ける理由は何でしょう?今すぐ、即刻、原子力発電所を全て廃炉にして、日本中で足りなくなるのは、10%未満ですよ。それこそ、ピーク時だけの節電をすればいいのです。また、民間の自家発電の電力は有り余っています。それを買わせない電力会社の利権の独占をまだ続けるつもりですか?

太陽光等の自然エネルギーにはまだ時間が掛かります。ガスタービンの発電機をピーク時用に増やせば、事は足りるのです。原発を使わなくても事は足りるのです。60Hzの地域が節電をする根拠は何ですか?中部電力の浜岡が停止したからですか?茶番劇もいい加減にしてください。

a0197192_5264884.jpg
   2011.6.25 04:33

朝四時に目を覚まして、いの一番に放射線量の変化を確かめるこんな不幸な生活は、福島だけで充分すぎます。その福島も、対策は何もすすんでいません。株主総会をおそれる企業には出来ない事なのです。その利権を守らせる為の時間稼ぎで、どれほどの危険度が増したのですか?

国破れて山河ありと、南方やシベリアから帰ってきた人は、祖国の美しい景色をみて感じたそうです。しかし、原発人災事故は、国破れて山河なしになったのです。あの美しい福島の海通り地方は永遠に人の住めない土地になったのです。全ての作物、おさかなや肉も汚染されたのです。それは永遠に消えません。

懸念していたとおり、下水処理場で濃縮された放射能は人が近づけないほどの線量です。全てが下水に流れているわけではありません。まだまだ溜まっているのは、昨日の動画でもお解りでしょう。

世界はいびつになったのです。自らの作り出した悪魔に脅かされる文字通り悪夢のような世界に、今いるのです。絶望して自らの命を絶つ不幸が増えないように、出来ることから努力をするには、今の利権体制の大変換が必要なのです。利権追求は人間の本能でもあります。しかし、安全な範囲で努力をしなければ、自らを、自らの子孫を殺してしまいます。それでは何の意味もありませんね。

a0197192_5273033.jpg
今朝四時半の夜明けです。今日も暑くなりそうですね。 0.077〜0.196と大変上下していますが、平均では少し高めです。
by maxlabo | 2011-06-25 05:28 | 原発人災事故

放射性物質は目に見えない

あの三月の水素爆発が起こった日から、日本は、世界も、それまでとは全く違う世界になりました。子供ばかりか、子孫の繁栄すら望めなくなった地域も、人々も数百万単位で発生しています。発電所からわずか200キロの首都圏、4500万人もの安全も脅かされています。放射性物質は日本中、いや世界中に拡散され、3.11以前に比べて、最低でも三倍、福島では数百倍の放射性物質が拡散・沈着しています。

四月始めに放射能値をお知らせしたしたとき、匿名で何名の人から、人心を惑わすな、測り方がおかしい、おまえの計器は汚染されている、等々のコメントが寄せられました。その値が正しいのは、昨今の地方自治体による測定結果の数値と比べても明らかです。その自治体が独自に計れなかったのは、事故当時数万個も送られてきた計測器を必要な現場に配布せず、国会でも嘘八百並べて、ごまかそうとする、役人の責任であることは明らかです。これらは、酔っ払い運転の幇助罪とおなじく事故を起こした加害者なのです。同じような責任を取る懲戒の対象ではないのでしょうか?

国民の目をごまかそう、欺こう、騙そう、という体質が今回ほど明らかになったときはありません。その人達にもお子さんやお孫さんがいるはずなのに、、、。

私の好きな曲に、さだまさしさんの「風に立つライオン」という名曲があります。日本を離れ、アフリカの大地で医療活動をする医師の手紙形式になっています。その中で『日本やあなたを捨てたわけではないのだけれど、やはり、私たちの国はどこかで道を誤ったのです』という歌詞があります。その曲を聴く度に、何時も、そうだと、うなずいていました。この事態になり、国民全体が、自分たちの道を選択できるような国作りを行わなければ、世界から笑われ、さげすまれる国に成り果てます。

海洋汚染の深刻さが浮き彫りになり、世界中の魚が影響を及ぼし始めるとき、日本は世界の人々にどのような償いが出来るのでしょうか?それらの時代になっても、天下り役人は国から退職金という控除制度を悪用して「合法的に」かすめ取った税金で、海外逃亡を謀り安穏と暮らすのでしょうか?

私の住む杉並も、いまだに夜は真っ暗です。特に杉並区役所、郵便局、警察署のあるあたりの街灯が消され真っ暗な闇です。警察署の玄関も真っ暗でした。非常時にどこにあるか解らないような警察では治安維持の役に立てません。6月に入り玄関の蛍光灯が半分だけ付きました。いい加減にして欲しいです。街灯をどうして全部消すのですか?一本おきに付けても、50%削減するではありませんか?第一、本当に電力は不足しているのですか?自家発電を電力会社の「自主的」な判断で買わなくしている法律の一行を変えれば、それですむのに。それすらも審理させない情報統制を誰が決めているのか、、、。

この国は、やはりどこかで、いや歴史をみれば、ずーっと、間違っています。ミスリードしても責任を取られないようになっているのです。困っているのは現場です。なぜ、現場の声を吸い上げないのか?だれがこの愚かな指示を間違っていると言わないのか!今は公務員一人一人の個人の資質を問われているのです。

原子力政策という、国を捨てさせるような危険を省みず、事故の鋭意追求だけを計ってきた、原子力産業。それにたかる天下り役人達。これらの追求をまったく行わない国会や裁判所。この国の三権はまったく分立していません。





6/24 朝五時の値です。

空気は0.077〜0.147ぐらいですが、例のホットスポットの値は、いまだに、3マイクロシーベルト/時・年間26ミリシーベルト以上!!!も有ります。半減期は30年以上の物質が、東京でも溜まっているのです。

計る度に命を縮めているのですね、、、。
by MAXLABO | 2011-06-24 06:17 | 原発人災事故

遅ればせながら

このやりとりを聞いてください。外国からの線量計は、倉庫に受け入れているだけだと。現地では使われていないということです。



このやりとりを聞くと、政府は線量計を配りたくなかったということです。

問題はこの大事なニュースが、テレビでも新聞でも、ほとんど報道されなかったのです。

マスコミは何を報道しているのでしょうか?

テレビや新聞記者の人達は本当に恥ずかしくないですか?

福島の方は、関東の方も怒ってください。これが一月前の審議です。今はどうなっているのでしょう?

義援金の配布が送られていないのも、同じ論理でしょうか?
by maxlabo | 2011-06-23 11:06 | 原発人災事故

この三ヶ月間は

未曾有のM9.0の地震と大津波に襲われたあの日から、世界は変わりました。地震と津波だけだったら、復旧も復興ももっと、急ピッチにすすんでいたでしょう。しかし、原発の人災が起きてから、世界は変わりました。『想定外』ではすまない世界的な放射能汚染が始まったのです。

発生の経緯も備えも甘かった対応と、無責任な形ばかりの素人集団の経産省・非安全破壊院の対応、保身ばかり考えている御用学者ばかりの原子力安全委員会。あの日から、三ヶ月以上経つのに何も反省もなく、隠匿や隠蔽が続いている政府の無策。不実行。空転する政治ショー、相変わらずのマスコミ洗脳。原子力推進派のIAEAでも呆れる日本のお粗末な対応。

その様な無策の中でも、福島の状態は悪くなっていく一方です。一企業では対応できないのは、発生当初から解っていたはずです。思い切った手も打てず、いまだに株主総会での評価を第一義に考えて、有効な手を尽くせないでいるのです。安全保安院の独立性も保たれていません。予算を独自にもって自主的な捜査権を持つ、組織に変更しなければならないはずなのに、何もしていないのです。

セシウムの半減期は30年以上です。現在のほんの数パーセントしか漏れていない放射能で、福島県のほとんどが不毛の地になった大変な事態をまだ過小に押さえようとする、政府と地方自治体の対応は無策を通り越して犯罪でもあります。

放射能は、見えません。計測器があって始めて、危険を察知できるのです。ロシアや中国製の使いにくい計測器の前に、なず日本のメーカーが率先して作らないのですか?そんなに事実が知れるのが怖いのですか?日本中の子供達に、これからママになる母親達に配らないのですか?

福島の方々へ、Thermo社の総線量計とα、β、γ、x線が計れるInspectorのアナログ計測器も再度外国から送られてきました。東京で持っていても意味のないので、もっと重大なところで使っていただきたいです。ご入用な方は、コメント欄に非公開でお知らせください。

そして心配なのは、安全な飲み水の確保です。輸入商社が外国から急遽、放射性物質が、95%以上も除去できる逆浸透膜の浄水器を輸入したところ、国内法や関連団体の規格に適合しないと販売も出来ないそうです。地震のがれき処理でも邪魔をしているのは、各種の規制です。緊急時に間に合わない、法律のための法律遵守ではなく、人の命の方がどうして優先しないのですか?

ご自分の責任で判断される方や工事をされる方、また、ご近所の水道屋さんに頼める方は、同じくコメント欄に非公開でお問い合わせください。外国の価格に比べて、国内メーカーや業者の価格は高すぎます。各種の規制が高価格の維持に役立っているのも皮肉です。家族や知人、友人や仕事関係の方々にも紹介しています。

また、地盤沈下で飲み水に塩分が含まれる地域でも、真水の確保が可能です。これらの地域では、行政が率先して用意すべきだと思います。

関東地方の企業の発電装置を全部集めると、東電の発電能力の6000万キロワットを越えるだけの能力があるそうです。その購入を拒否して自らの利権を第一に考えているのが現状です。ドイツみたく電力会社に購入を義務づける法律が一つあれば、現状の電力不足は解決します。原子力発電の維持を目指す、強制的な節電の根拠を失っているのです。街の暗さが、どれほど、治安と心に不安を与えているか?自殺者の増加は、政府の対応と事実を報道しないマスコミの悪質な隠蔽の結果です。

都合の悪いことは圧力を掛けて隠して、ひどい言葉で相手を中傷するやくざや極左、極右勢力、宗教団体のやり方と同じです。あの戦前の一億玉砕の時とダブってきました。

今朝は0.107〜0.147ぐらいです。部屋の中の方が高いです。毎日、部屋の中にとどまっている放射性物質を何個となく吸い込んでいるのです。日本中、ほとんど同じ値の恐怖を味わっているのは、計測器を持つ人だけでしょうか?
by maxlabo | 2011-06-22 06:04 | 原発人災事故

6/21 朝七時 雨上がる

a0197192_728263.jpg
雨が上がり、久しぶりに富士山が顔を出しました。南の暖かい風が吹いています。きょうは晴れです。気温はだいぶ上がることでしょう。湿度も高く蒸し暑い一日になりそうです。福島、茨城では相変わらず地震が多発しています。直下型が襲わないように祈るばかりです。

久しぶりの値は、0.113〜0.137と比較的低めで安定しています。風が南だからでしょう。

a0197192_7342226.jpg

五日ぶりに東京に戻ってくると、やはり咳が出てきます。気管支が相変わらず痛いです。皆さんはいかがですか?
by maxlabo | 2011-06-21 07:36 | 原発人災事故

昨日の夜は琵琶湖畔で

昨日の晩は、琵琶湖畔に立つ知人のマンションから、琵琶湖の美しい夜景を見ていました。海のように大きく拡がる湖は、夏は藻が発生するそうですが、真水があれだけの広がりを見せている景色はなかなか見れる物ではありません。観光用の遊覧船のイルミネーションが、静かな湖に反射している様は、心が落ち着く風景です。京都に住んでいる知人は、都心から30分でこの静かな風景を得られるのは不思議なくらいです。久しぶりに夜遅くまでゆっくりと話が出来て、久しぶりにのんびりしました。
a0197192_745220.jpg

話は東京の現状についてになりました。関西の方々にはやはり東京の実情の実感がないようです。東京だって今月に入ってだいぶ街も明るくなり、徐々に良くなってきているような気になっています。実際は、放射能の堆積がいろいろな植物にも影響を及ぼしているのですが。

この美しい、琵琶湖の風景も、もし敦賀で何かがあれば、琵琶湖が汚染され、琵琶湖から取水している京都、大阪の水源が汚染される最悪の状況になります。最後は酔いも醒めてきた所為もありましたが、この現実に言葉もなくなったのです。

早朝、琵琶湖を発って、高速千円が終わるので、満員の高速を諏訪湖まで戻って、サービスエリアから諏訪湖をみて同じようなことを感じました。天竜川の水源はこの琵琶湖だからです。

午後になって、ニュースを見ると、もんじゅの危険の作業のことが流れていました。同時に首相のこの様な発言も!


首相、安全確認し原発再稼働 「停止は影響大」


 「オープン対話」で、映像でつながれた各地の人々に手を振る菅首相=19日午後、首相官邸

 菅直人首相は19日、自然エネルギーに関する国民との「オープン対話」を官邸で開き、電力不足を回避するため、定期検査などで停止中の原発について再稼働を急ぐ考えを示した。「全ての原子炉を止めれば経済に対する影響があまりにも大きい。安全性が確認されたものは稼働していく」と強調した。

 福島第1原発事故を機に、既存の電力会社が発電から送電、小売りまで独占的に担う電力事業の在り方を見直す考えも表明。「巨大な発電をしている自分の会社に有利になるような送電の使い方は改めなければならない」と述べた。ただ退陣とも絡み、発送電分離については実現の見通しがあるわけではない。

2011/06/19 19:41 【共同通信】


もんじゅのニュースを伝える、NYタイムズの記事です。

文京区民さんから放射線分布図を紹介されました。
a0197192_5314696.jpg
拡大すると細部まで見れます。

一番大事なときに公開しなかった「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」の予想図はこうでした。ぴったりと重なります。誰が公表を止めたのか、しっかりと責任を追及しなければなりません。
by maxlabo | 2011-06-19 20:59 | 原発人災事故

二週間ぶりの大阪

大阪に来たのは二週間ぶり。三日ほど閉め切った部屋の値は、0.203とやはり高めです。

a0197192_16302591.jpg


カーテンはもう少し高く、0.227!東京のより高いのにはびっくり!

a0197192_16313189.jpg


窓を開けて計っても、0.143〜0.197と高いです。ビルの間だからでしょうか?

a0197192_163246100.jpg


大阪の救いは、地表の低さです。ベランダにおいても、値はかわりません。東京は10倍になります。
by maxlabo | 2011-06-17 16:33 | 原発人災事故

マスコミの責任

三月末に計測を始めて、文部省発表の数値と3倍以上の開きがあり、本ブログでも、計り方が悪いとか、景気が汚染しているとか、数値が間違っているなどのコメントが寄せられました。人間が呼吸している地表の側で計らなければ意味がないと思い、二ヶ月以上も毎朝計測をつづけてきました。

ようやく、地方の行政も独自で地表と子供の高さの50センチ、1メートルの値を公表しはじめました。また、ガンマ線だけ計っていた計器も、ベータ線やアルファ線も計れる計器に変わってきたようです。

当初は、アルファ線の影響も多く、大変高い値を示していた屋上の埃溜まりも、雨に何回も流され、ようやく数値が下がってきました。当初、0.6μSv/h有った値が、5分の1まで下がってきました。家の前は路上でも1.9 μSv/hも有ったのです。屋上のホットスポットは6.28μSv/hもありました。年間55ミリシーベルトのとんでもない値です。東北、関東中放射能に覆われたのです。これは四月の初め三週間後の値です。三月の爆発直後は、この倍近くあったのでしょう。計測をしていて怖くなるような値です。確実に放射線で私のDNAも壊されたでしょう。ガン発生のリスクを飛躍的に上げてしまったのです。
a0197192_41543.jpg


この異常な値を示していたのに、文部科学省は地上何十メーターのビルの中の値を毎日示していました。いまでも、http://atmc.jp/realtime/ここで示されている値はこの現実離れした低さです。発生から三ヶ月過ぎて、地表の値が、三分の一以下に下がった一昨日になってようやくこのような記事が載りました。三ヶ月経ってようやく、値が下がってきたから発表できるようになったのでしょう。

当初、東京の値はここまで悪かったのだと、胸に刻んで行動されて下さい。問題は、徐々に蓄積されていった放射能です。壁やカーテン、どんなところにも花粉のように溜まっています。排気のほうがきれいになるという掃除機も数万円も出して買いましたが、ほとんど効果がありませんでした。有効的なのは、ぬれぞうきんによる拭き掃除です。こちらにイラスト入りで掃除の仕方が書かれています。問題は、そのぞうきんを濯ぐときです。洗面所一面に細かい水滴が飛び散ります。その値は、0.25μSv/h以上にもなります。ゴム手袋、マスク等も必要です。ぞうきんは何回も濯いで下さい。そうすれば使えます。その水が、地表に溜まったあの膨大な放射能が下水処理場に運ばれ、とんでもない数値になるのを想像しました。四月の初め計測をしながら、下水処理場の処理のことを考えました。そのうち政府も数値を隠せなくなると!

この民主党の政府は、前の自民党政権も、それを利用した公明党も、犯罪者と同じです。いまだに原子力発電の継続を宣言しています。その席上の大臣の能面のようになった無表情の顔、思考を止めてしまった顔です。官房長官の嘘を重ねて、醜くなっていく顔、福島の人達を避難させなかった政府。誰が一体一番大事なときにSPEED1の公表を止めたのかを、傷害罪で訴え、その刑事責任を追及しなければなりません。特捜部はそのようなときにこそ、必要なのです。弾劾裁判所もそのようなときに機能しなければ何の意味もありません。無責任なのは首相ばかりではありません。無為のように見せかけ、時間を稼いでいる官僚達の責任が重大です。そして、一番の大罪は、今までも原子力発電所の事故はあったにもかかわらず、報道もしてこなかったマスコミの責任こそ一番大きいのです。御用新聞ばかりだということが今度こそ、ハッキリと浮き彫りになったことはありません。

三月、四月の新聞があれば今一度読み返して下さい。どれ程の嘘と未報道がなされていたかが、解るでしょう。三ヶ月後、半年後、放射能が充分蓄積してからでは遅すぎるのです。イタリアで国民投票が行われ、日本で行われないのは、事実を伝えていないマスコミの責任です。事故を事象と小さく見せかけている、政府の思い上がった引導の所為です。

皆さん、原発以来、咳が止まらなかったり、胸が痛んだり、目が腫れたり、のどが膨らんでいませんか?どうやら、植物には異常が見られるようになってきたそうです。今一度、上の写真を見て下さい。年間50ミリシーベルト異常の放射線を浴びて正常な方がおかしいぐらいです。私ものどの調子がずーっと悪い状態が続いています。電話での声が変わったとも沢山からの人から言われました。


この三ヶ月近く、真実の数字を行政が出さないので、毎日、朝早くから計測する習慣が付いてしまいました。早起きは三文の得と言いますが、ただ、一日がとても長くなりました。しかし、値も今のところ落ち着いてきました行政側も私の数値に近い値を公表するようになりましたので、毎日、放射能値をお知らせするのは止めようと思います。もちろん、異常があったときはすぐにでもお知らせします。


放射能漏れ対策はまったく進んでいません。抜本的な対策を一私企業では取れないからです。この戦争状態にあたって、真の国家非常事態宣言を行い、東電ではなく国家プロジェクトとして、すべての企業の英知を集めた抜本的な対策を取らなければなりません。予算に制限を付けず、様々な分野の企業にアイデアを求める英知の入札を行えばいいのです。実績がないから、経験がないからと、折角のいいアイデアを東電の担当者は二の足を踏んでいるそうです。予算に制限を課したら、出来ることも出来なくなります。フランスの企業にあれだけのお金を払うのなら、いくらでも日本の企業は出来るはずです。まずは予算です!

この未曾有の国家的危機に、外国の子供にまで「子ども手当」を払う前にやるべき順番があるはずです。
by maxlabo | 2011-06-17 04:01 | 原発人災事故


Thinking out of the Box


by maxlabo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
地震
津波
原発人災事故
節電

以前の記事

2013年 10月
2012年 12月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧