カテゴリ:原発人災事故( 122 )

現状は、、、


福島の新米、出荷可能に 規制値下回る

福島県は12日、今年収穫したコメの放射性セシウムの検査をした結果、全てで国の暫定規制値(一キロ当たり500ベクレル)を下回ったと発表した。福島県産の新米は、全て出荷が可能となった。
予備調査で高水準の放射性物質が検出された二本松市の1地点も規制値を下回ったが、県が買い取るため流通しないという。

放射性物質:横浜でストロンチウム検出 80キロ圏外初

2011年10月12日 11時24分 更新:10月12日 12時30分

 横浜市港北区のマンション屋上で、放射性物質のストロンチウムが検出されたことが、民間分析機関の調査で分かった。同市は調査結果を受けて再検査を始め、近く結果がまとまる見通し。東京電力福島第1原発の80キロ圏外でのストロンチウム検出は初めて。

 マンション屋上にたまった堆積(たいせき)物を住民が採取し、8月に「同位体研究所」(同市鶴見区)で測定したところ、ストロンチウム90(半減期約30年)を1キロ当たり195ベクレル検出。9月中旬、市に連絡があった。

 横浜市は福島第1原発から約250キロ。ストロンチウムはこれまで福島市など80キロ圏内では検出されていたが、文部科学省原子力災害対策支援本部は「横浜での検出は確認中だが、検出されれば80キロ圏外では初めて」と話している。

 市は当初、ストロンチウムの検査は予定していなかったが、研究所の調査結果を受け、区内3カ所で測定を進めている。

 ストロンチウム90は文科省の3月下旬~5月上旬の土壌調査で、福島第1原発から29キロの福島県浪江町で250ベクレル、36キロの飯舘村で120ベクレル、62キロの福島市で7.7ベクレル検出されている。【山下俊輔、杉埜水脈】

日本の食品基準は甘すぎ ベラルーシ専門家が批判

チェルノブイリ原発事故後の住民対策に取り組んできたベラルーシのベルラド放射能安全研究所のウラジーミル・バベンコ副所長が12日、東京都内で記者会見した。東京電力福島第1原発事故を受け、日本政府が設定した食品や飲料水の放射性物質の基準値が甘すぎ、「まったく理解できない」と批判、早急に「現実的」な値に見直すべきだと述べた。

 日本では、飲料水1キログラム当たりの放射性セシウムの暫定基準値は200ベクレル。一方、ベラルーシの基準値は10ベクレルで、20倍の差があるという。

 ベラルーシでは内部被ばくの影響を受けやすい子供が摂取する食品は37ベクレルと厳しい基準値が定められているが、日本では、乳製品を除く食品の暫定基準値は500ベクレルで、子供に対する特別措置がないことも問題視。「37ベクレルでも子供に与えるには高すぎる。ゼロに近づけるべきだ」と指摘した。(共同)

a0197192_2126337.jpg
9月の末の例のスポットです。まだ、1.624μシーベルト毎時あります。年間では、14ミリシーベルト!です。四月は、6μシーベルト/時以上もありました。

a0197192_23395047.jpg
今頃になって、都内で最高値が、2.7だといわれても、、、。


屋上はほとんど除洗をしてきましたが、それでも、

a0197192_21293764.jpg
1.4μシーベルト/時を示しています。


問題は、部屋の中です。掃除機を掛けても、雑巾で拭いても、スチームで拭いても、0.2μシーベルト以上あることです。
a0197192_21313514.jpg
年間で、1.7ミリシーベルトです。この部屋の中も国の除洗対象ですね。

これは私の部屋ばかりではありません。

そして、雨が降りはじめると、、、

a0197192_234303.png


参考までに、

a0197192_21392879.jpg

by maxlabo | 2011-10-12 21:34 | 原発人災事故

これが海洋汚染の拡散です

Radioactive Seawater Impact Map (update: 10.08.11)

元の記事は、NY Timesでした。
by maxlabo | 2011-10-05 05:20 | 原発人災事故

<二本松産米>市長「東電に怒り」 緊急会議で迅速公開表明

福島県二本松市の新米予備検査で国の暫定規制値と同じ1キロ当たり500ベクレルの放射性セシウムが検出された問題で、検査をした県は公表前、予想外の数値に検査方法の誤りを疑い、検査をやり直す異例の対応を取っていた。それでも数値はほぼ変わらず、「なぜこんなに高いのか」と衝撃を受けている。地元では24日午前の緊急対策会議で、三保恵一市長が「(東京電力福島第1原発の)事故が原因で憤りを感じる」と怒りをあらわにした。

 二本松市小浜地区の「ひとめぼれ」から500ベクレルという結果が出たのは15日のことだった。「検査方法がおかしくはないか」。県農林水産部の幹部は担当者に疑問をぶつけ、再検査を指示した。だが、19日に出た再検査の結果は490ベクレル。県は23日夜になって、最初に出た500ベクレルを検査結果として公表した。

 県は、土壌からコメに吸収されるセシウムの移行係数を0.1(10%)とする農林水産省の指標に基づき、3月から土壌調査を先行して実施。1000ベクレルを超える地点も多数あり、当初は高い値が各地で出るのではと強く懸念していた。

 だが、8月以降の早場米と一般米の検査では、測定器の検出下限を下回る「不検出」が大半を占め、最高でも136ベクレル(福島市大波地区)で、県農林水産部は「福島の土は粘土質で、植物がセシウムを吸い上げにくいのでは」などと楽観ムードが漂っていた。

 それだけに、今回の結果の衝撃は大きい。問題の検体が植えられている水田の土壌の汚染濃度は3000ベクレル程度とされ、同部の幹部たちは「移行係数から考えると高くても300ベクレル前後のはずだが」と途方に暮れている。

 一方、二本松市で開かれた緊急対策会議には、県、同市と地元JAの関係者、集荷業者など約30人が出席。三保市長は東電に怒りをぶつけ、「食の安全を確保し、生産者を守る対策を取る。本検査を徹底して実施し、結果は迅速、正確に消費者に公開していく」と述べた。【種市房子、結城かほる】(毎日新聞 - 09月24日 11:50)



市長の怒りは当然だが、500ベクレルという数値はどこから来たのか?「不検出」ではなくしっかりと数値を書かなければ、消費者の不信は消えません。現状では、136ベクレルでもしっかりと数値を書かなければ、悲劇は繰り返されます。

国連で、首相の原発輸出宣言を聞けば、この政府への不信感はいっそう募りますね。何しろ、あの官房長官が、経産省の大臣なのですから。

a0197192_1858547.jpg


9.11のビル崩壊と同じインパクトがある、3.14の三号機爆発映像です。この人災で、家の屋上も5μシーベルト/hもの放射性物質が降ってきたのです。

3.14の映像

いまだに誰も、責任を取っていません。
by maxlabo | 2011-09-24 19:02 | 原発人災事故

ドイツZDFテレビニュース「脱原発を求める日本人」~東京9月19日6万人デモ‬‏


by maxlabo | 2011-09-23 21:43 | 原発人災事故

3号機、炉心の検出器全滅…損傷状況推定できず

産経新聞 9月21日(水)13時57分配信

 東京電力は21日、福島第1原発3号機の原子炉圧力容器の下に位置し、制御棒137本の挿入状態を知るための検出器を調べた結果、すべてが損傷などで正常に作動しなかったと発表した。東電は、炉心溶融(メルトダウン)の高熱で電線が断線したりショートしたとみている。

 3号機の圧力容器の底には溶けた燃料がたまっているとみられる。東電は、炉心の状況を推定するため、制御棒にそれぞれ設置された検出器が正常に作動するかを調査。電気を流したが、健全な反応を示した検出器はなかった。

 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「圧力容器下部の損傷の程度は、はっきり分からない」と説明した。

 東電は当初、検出器の作動状況から、燃料損傷の度合いや原子炉下部の温度を推定できるとみていたが、検出器の損傷が予想以上に大きく、手掛かりは得られなかった。東電は燃料の損傷状態を調べる別の手法を検討する。

 1号機でも検出器を確認しているが、ほとんどの検出器が作動せず、損傷の程度は分からなかった。

福島第1原発:京都大小出裕章助教に聞く
by maxlabo | 2011-09-21 15:18 | 原発人災事故

原発再稼働はできるものから―来年夏には必要=野田首相

ウォール・ストリート・ジャーナル【インタビュー】原発再稼働はできるものから―来年夏には必要=野田首相 

【東京】野田佳彦首相は20日、ウォール・ストリート・ジャーナル/ダウ・ジョーンズ経済通信とのインタビューで、現在停止中の原子力発電所を来年夏までに再稼動していく考えを示した。国民の間では反原発の機運が高まっているが、原発を再稼動しないことや、すぐに原発を廃止することは 「あり得ない」と述べた。

 首相は原発政策について、「例えばゼロにするとすれば、他の代替エネルギーの開発が相当進んでいなければいけない。そこまで行けるかどうかも含め、いま予断をもって言える段階ではない」と答えた。

 3月の福島第1原発事故以来、かつては広く原発を支持していた国民の間で反原発の声が高まっている。こうした現状を踏まえ、脱原発をどこまで、また、どれだけ早く進めるかが野田新政権にとって最も困難で意見の分かれる問題となっている。

 インタビュー前日には、警察推計で約3万人の国民が集まって反原発集会が行われた。これは原発事故以来最大級の集会で、政治問題に対するデモとしても長年例のなかった規模だ。

 原発事故以降、定期点検のため停止中の原発の再稼働が国内各地で拒否されている。現在稼働している原子炉は国内にある全54基中、10基程度に過ぎない。政府が原発再開に向けて地元自治体を説得できなければ来年には全国すべての原子炉の稼働が停止し、事実上の脱原発となる。

 野田首相は、「再稼動できるものは再稼動していかないと、 まさに電力不足になった場合には、日本経済の足を引っ張るということになる」と述べた。

 しかし反原発派は、今年夏のピーク時にも、いくつかの原発停止にもかかわらず大きな電力不足がなかったことを指摘し、停止中の原発を再稼動しなくても来年の夏も乗り切ることができるのではないかとみている。これに対し、野田首相は、「そういういうことはあり得ない」として、原発なしには来年の夏は電力不足に陥るとの見方を示した。

Japanese Premier Pushes Nuclear-Plant Restarts

Japanese march against nuclear power


a0197192_15274229.png

台風接近中の値です。
by maxlabo | 2011-09-21 13:44 | 原発人災事故

枝野前官房長官の経済産業相就任

前経済産業相失言のお粗末さは、目に余るモノだが、その後任に官房長官として、管政権を運営していた人間を入れるとは、言語道断です。彼は、今ようやく明らかになってきた3月、4月の放射能を、何事もなかったように、直ちに影響ないと言い続けた張本人です。

その人間を責任を取らさずに、よりによって、経済産業相に入閣させるなど、余りの人材不足にあきれ果てます。福島の被害者はどのように思われるのでしょうか?

そして、就任すると、早々に

稼動すべき原発は再稼働を、原発ゼロは国民的議論必要=枝野経産相

[東京 12日 ロイター] 枝野幸男経済産業相は12日夜、就任後初の会見を行い、国内の原子力発電所の再稼働についいて「安全性を確認しながら周辺住民の皆さんの理解を頂く努力をしたうえで、稼動すべき原発は再稼働していきたい」と述べた。

 将来的に原発をゼロにするかどうかについては、「なくても生活や産業が成り立つ場合に原発をどうするかは、国民的な議論が必要だ」と指摘した。 (ロイターニュース)

また、

<枝野経産相>原発再稼働問題が最大の課題

 枝野経産相の当面の大きな課題は、定期検査などで停止中の原発再稼働問題。12日夜の就任会見で枝野経産相は「ストレステスト(安全評価)の詳細を正確に説明し、(立地自治体や住民の)理解を求めていきたい」と述べ、電力不足解消に向け、再稼働に前向きな姿勢を示した。資源エネルギー庁幹部は「(官房長官時代に)福島第1原発事故の経緯を熟知するだけに、地元への説明をしっかりしてもらえるはず」と期待する。(毎日新聞)

エネルギー省の以降を前面に出し、原発再開にピッチを上げています。
by maxlabo | 2011-09-13 12:00 | 原発人災事故

今頃になって

政府は事故発生から、半年も経つ頃になって、ようやく被害の実態を明らかにし始めました。国民の財産、安全を守るはずの政府や、地方自治体が、自分たちの失態を隠すため、ここまで事実の公表を遅らせてきたのです。ようやく、内閣が替わりましたが、責任の追及は行われないでしょう。原子力行政を守るための努力ばかりが行われます。インターネット時代になっても真実の報道はほとんどされないからです。新聞とテレビの報道がこれほどまで偏向しているかを今更のように知らされました。

8月30日にようやく発表された茨城県の放射能報告も翌日の31日には下方修正されました。事態を小さく見せようとする大きな力が働き続けているのです。その一方で、どさくさに紛れて、3月11日の事態を小出しにして、自首して責任を軽くしようとしているのです。


by maxlabo | 2011-09-01 10:03 | 原発人災事故

海洋汚染

福島の地震による、放射能漏れ拡大も心配ですが、何よりも大きな懸念は、膨大な量の放射能がそのまま漏れた海洋への汚染です。海洋汚染の実態や植物への汚染が、ようやく文部省からも発表されはじめました。

三重大学准教授の勝川さんのブログサイトがわかりやすく説明されています。

1.水産物の放射能汚染から身を守るために、消費者が知っておくべきこと

2.核実験時代と311後の魚の汚染を比較してみた

3.水産物の放射性セシウム汚染の地理的な広がり

4.あそこの、あの魚は大丈夫ですか?

知れば知るほど怖くなってきます。

空中に放射されて、雨で汚染されたマップは、@nnistarさんのブログから「国・自治体による高さ1m・0.5m計測を中心とした放射線量マップ」です。

a0197192_1332188.jpg

by maxlabo | 2011-08-31 10:24 | 原発人災事故

東京に戻ると、、、

7月は、海外出張や関西出張も含めて、東京には一週間もいませんでした。その間、胸の痛みや、喉の違和感はなくなっていました。しかし、東京に戻り、二日ぐらいすると同じ症状が出てきます。胸の痛みと、喉の奥の違和感です。そして、空咳も、、。

空気中の値は、0.095ぐらいまで下がっているのですが、室内は0.147ぐらいの平均で推移しています。雑巾がけをしてもなかなか下がりません。室内の埃全部に満遍なく放射能が溜まっているのでしょう。
a0197192_225070.jpg
自動運転だから、静かに回っているだけの空気清浄機の前でも、0.119ぐらいですが、強制運転すると、0.215と数値は上がり始めます。

a0197192_231373.jpg
室内の空気を拡販するからでしょう。内部のフィルターはどうなっているかと言えば、
a0197192_233385.jpg
0.652とやはり高い値です。ちなみにこの数値ですと、年間5.7ミリシーベルトという高い値です!これでは内部被曝しているでしょう。

a0197192_235828.jpg
四月からの四ヶ月間での、この部屋の被曝量は、トータルで224μシーベルトです。このままで行けば、年間0.6ミリシーベルトの被曝になります。しかし、この数値には、一番深刻だった三月から四月の数値は含まれていませんし、α波も測れていません。

事態は、まったく解決していないし、どんどん深刻になっていきます。
by maxlabo | 2011-08-15 02:32 | 原発人災事故


Thinking out of the Box


by maxlabo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
地震
津波
原発人災事故
節電

以前の記事

2013年 10月
2012年 12月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧