2011年 06月 28日 ( 1 )

多数派工作の株主総会

東電の株主総会が開かれています。従来通りの多額の退職金をもらって、さっさと辞めるつもりの役員と、議長を務めて、一歩も引かない会長の差が明確になりました。電力業界のドンである会長はここで引き下がるわけにはいかないのです。たとえ本土が焦土と化しても最後の一兵まで引かない覚悟のようです。

この場に至っても、原子力発電の継続を求める利権団体とその手先の議員達、天下り先の確保を最優先する高級官僚、とそのおこぼれに預かろうとする部下の役人達、生活がかかっている原子力関連産業の経営者達と労働団体の思惑。それらを選挙基盤に持つ、民主党と自民党の議員達。直ちに影響が出ないうちに何とか利権を確保したい伏魔殿に国会がなっているのです。そして、事実を報道しない恣意的な新聞やテレビ達、、、

この三ヶ月間で、どれほどの嘘が重なられたのでしょう?生活のために戦争を起こしに他国に侵略する代わりに、自らの美しい国土を放棄して、未来永劫取り返しの付かない暴挙を現在進行中の一民間会社と無責任の代名詞の非安全・破壊院の犯罪が繰り広げられているのです。
by maxlabo | 2011-06-28 15:32 | 原発人災事故


Thinking out of the Box


by maxlabo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
地震
津波
原発人災事故
節電

以前の記事

2013年 10月
2012年 12月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧