2011年 06月 19日 ( 1 )

昨日の夜は琵琶湖畔で

昨日の晩は、琵琶湖畔に立つ知人のマンションから、琵琶湖の美しい夜景を見ていました。海のように大きく拡がる湖は、夏は藻が発生するそうですが、真水があれだけの広がりを見せている景色はなかなか見れる物ではありません。観光用の遊覧船のイルミネーションが、静かな湖に反射している様は、心が落ち着く風景です。京都に住んでいる知人は、都心から30分でこの静かな風景を得られるのは不思議なくらいです。久しぶりに夜遅くまでゆっくりと話が出来て、久しぶりにのんびりしました。
a0197192_745220.jpg

話は東京の現状についてになりました。関西の方々にはやはり東京の実情の実感がないようです。東京だって今月に入ってだいぶ街も明るくなり、徐々に良くなってきているような気になっています。実際は、放射能の堆積がいろいろな植物にも影響を及ぼしているのですが。

この美しい、琵琶湖の風景も、もし敦賀で何かがあれば、琵琶湖が汚染され、琵琶湖から取水している京都、大阪の水源が汚染される最悪の状況になります。最後は酔いも醒めてきた所為もありましたが、この現実に言葉もなくなったのです。

早朝、琵琶湖を発って、高速千円が終わるので、満員の高速を諏訪湖まで戻って、サービスエリアから諏訪湖をみて同じようなことを感じました。天竜川の水源はこの琵琶湖だからです。

午後になって、ニュースを見ると、もんじゅの危険の作業のことが流れていました。同時に首相のこの様な発言も!


首相、安全確認し原発再稼働 「停止は影響大」


 「オープン対話」で、映像でつながれた各地の人々に手を振る菅首相=19日午後、首相官邸

 菅直人首相は19日、自然エネルギーに関する国民との「オープン対話」を官邸で開き、電力不足を回避するため、定期検査などで停止中の原発について再稼働を急ぐ考えを示した。「全ての原子炉を止めれば経済に対する影響があまりにも大きい。安全性が確認されたものは稼働していく」と強調した。

 福島第1原発事故を機に、既存の電力会社が発電から送電、小売りまで独占的に担う電力事業の在り方を見直す考えも表明。「巨大な発電をしている自分の会社に有利になるような送電の使い方は改めなければならない」と述べた。ただ退陣とも絡み、発送電分離については実現の見通しがあるわけではない。

2011/06/19 19:41 【共同通信】


もんじゅのニュースを伝える、NYタイムズの記事です。

文京区民さんから放射線分布図を紹介されました。
a0197192_5314696.jpg
拡大すると細部まで見れます。

一番大事なときに公開しなかった「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」の予想図はこうでした。ぴったりと重なります。誰が公表を止めたのか、しっかりと責任を追及しなければなりません。
by maxlabo | 2011-06-19 20:59 | 原発人災事故


Thinking out of the Box


by maxlabo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
地震
津波
原発人災事故
節電

以前の記事

2013年 10月
2012年 12月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧