2011年 03月 28日 ( 1 )

気配り

寝ても覚めても、原子力事故のことが頭を離れません。どんどん重大な方向に行くばかりだし、何よりも東電にやらせている以上解決がつくわけはないのです。彼らが原子炉を作ったわけではないからです。40年以上前のクラシックカーを騙し騙し使ってきた付けが出たわけです。もっとも製造メーカーも40年前の技術者はもういないし、日本の代理店の日立も自分で設計したわけではないので困っていることでしょう。小型発電機と電気が無くとも自然落下でプールを充たす水が入る簡単な仕組みを作っておけばよかったのです。

東電が製造メーカーや下請け会社を業者呼ばわりする体質に全てが顕れています。姿を見せない社長、現場に行かない社員。現場で決死の思いで働いているメーカーや下請けの作業員の劣悪な環境をそのままにするのは犯罪行為です。なぜ、現場にまともな食料すら運べないのですか!なぜ、雑魚寝なんですか?前線補給基地には数百人が待機しているはずです。誰もべーズキャンプからは食料も運べないのですか?戦車もあるのでしょう。10センチの鉛の防護壁で包まれた特殊車両で水や食料を運んでください。

知恵を出すには余裕が必要です。現場にはその余裕がありません。後方支援には、指揮者がいないのです。この時点で必要なことは、いかに高度に放射能汚染された水を排出してどどこかに溜めるか、どのように放射能を遮蔽する構造物を作るか、プレハブ状の放射能シェルターを現場近くに前線キャンプとして配置するか、様々な分野の専門家が一生懸命知恵を出し合わなければならないはずです。残念ながら今の政府には、そういう専門家の知識を結集して事に当たる度量と決断がありません。言葉だけで責任とるといっているだけです。日本の、世界の危機です。各分野の専門家の意見を吸い上げるべきですし、予算と人を惜しまず使ってください。いまは戦時なんです。その非常事態宣言をまず政府は発するべきです。

地震と津波関連では私が一番腹が立っているのは、折角、善意で提供された様々な資材が、どこにも配達されず倉庫に眠っていたという事態です。その、理由が、自治体から要請がないから!こんな理不尽な話がありますか?規則に縛られて何の為に公務員がいるのか根本的な義務も忘れています。被災して役所も市長も流された街に必要な物資を送らず、遅れずでは有りません!真っ暗で寒い日々を何日も過ごさせているのは、それこそ規則違反です。その愚かな規則に縛られた行為のおかげで、折角助かったのに何人の方が亡くなったのでしょうか?

外国からの援助を断る。救助隊を見当違いのところへ送る。受け取った救援物資を運ばない。10万人もの自衛隊を派遣する為の後方支援に機材が使われて肝心な現場に救援物資を運べない!自衛隊のヘリコプターは、数百機です。それに比べて民間のヘリコプターは千機以上有ります。アメリカについで多いのです。それらの機材を徴用して救援に飛べなかったのでしょうか?ここにも規制の網が張ってあったのです。規則を破っても命がけで食料を届けた民間のへりもあったそうですが、、、。

避難所に行けず、孤立している集落や個人も沢山あるはずです。また避難所では、着の身着のままで逃げてきた人に援助するのは当然ですが、電気も水道も何も無いけど自宅に避難できている人たちも沢山いると思います。そういう人たちにも食料と水、灯油類は公平に配る必要もあります。

ロジスティックの専門家の協力を得て、ダイナミックな救援活動を展開していただきたく心から願っています。
by maxlabo | 2011-03-28 23:05 | 原発人災事故


Thinking out of the Box


by maxlabo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
地震
津波
原発人災事故
節電

以前の記事

2013年 10月
2012年 12月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧