東京に戻ると、、、

7月は、海外出張や関西出張も含めて、東京には一週間もいませんでした。その間、胸の痛みや、喉の違和感はなくなっていました。しかし、東京に戻り、二日ぐらいすると同じ症状が出てきます。胸の痛みと、喉の奥の違和感です。そして、空咳も、、。

空気中の値は、0.095ぐらいまで下がっているのですが、室内は0.147ぐらいの平均で推移しています。雑巾がけをしてもなかなか下がりません。室内の埃全部に満遍なく放射能が溜まっているのでしょう。
a0197192_225070.jpg
自動運転だから、静かに回っているだけの空気清浄機の前でも、0.119ぐらいですが、強制運転すると、0.215と数値は上がり始めます。

a0197192_231373.jpg
室内の空気を拡販するからでしょう。内部のフィルターはどうなっているかと言えば、
a0197192_233385.jpg
0.652とやはり高い値です。ちなみにこの数値ですと、年間5.7ミリシーベルトという高い値です!これでは内部被曝しているでしょう。

a0197192_235828.jpg
四月からの四ヶ月間での、この部屋の被曝量は、トータルで224μシーベルトです。このままで行けば、年間0.6ミリシーベルトの被曝になります。しかし、この数値には、一番深刻だった三月から四月の数値は含まれていませんし、α波も測れていません。

事態は、まったく解決していないし、どんどん深刻になっていきます。
by maxlabo | 2011-08-15 02:32 | 原発人災事故


Thinking out of the Box


by maxlabo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
地震
津波
原発人災事故
節電

以前の記事

2013年 10月
2012年 12月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧