日本の原子力発電所を全部止めても

水力発電所、火力発電所だけで、需要は足りているのです。原子力発電所を止めると電気が足りないと政府は演出したのです。その効果が絶大でした。節電という題目を唱えて、用もない電気製品を売り込んでいるのです。大きなビジネスチャンスなのです。

本ブログでも何回もお話ししましたが、節電の理由が見つからないからです。今一度、東京電力が削除したホームページをみてください。電力が足りなくなる可能性があるのは、真夏の甲子園が行われているほんの数日だけなのです。その為に、危険な、こんなに悲惨な事故を起こす原子力発電所を続ける必要はありません。太陽光や風力も良いでしょうけど、夜間や風のない日は発電しません。コストが掛かりすぎで、大量に作れば安くなると行っているのは、いままで原子力発電に使われてきた税金の投入をすればの話です。まずは、天然ガス、メタンガス、重油を使ったタービン発電所の増設が先決です。使わないときは止めればいいのです。危険度は比較にならないほど低くなります。

電気事業法電気工事士法電気用品取締法のいわゆる電力三法を改正すれば、現状の仕組み、悪の枢軸といっても良いほどの、税金泥棒がなくなるのです。全ては利権です。マスコミが真実を伝えないのも、利権なのです。その為に、日本中、いや世界中を放射性物質で満たしても平然としていられる金の亡者になりはてているのです。

絶対起こらないと言い張ってきた事故は起こりました。直接の原因は、自然災害でしょう。地震と津波です。私は最初の地震で始まったと考えています。それから現場の人間の対応と遠く離れた本社の間違った指示、何の役にも立たない素人集団の『非安全・破壊院』、そして致命的だった官邸の妨害です。人災ですね。あの日、わざわざへりをとばして何しに行ったのでしょう。その間にも貴重な時間が失われました。津波の被災地の上空も飛べたはずなのに。そして、事実の隠蔽工作が始まったのです。

いまだに許せないのは、避難勧告の仕方とSPEED1の公表をしなかった事です。官房長官は、たんなるスポークスマンではありません。その人間が汗を垂らしながら嘘を言っていたのです。チェルノブイリ級の大事故を事象と言い続けたのです。そして、二ヶ月も、三ヶ月も後になって、メルトダウンが起こっていたと、後出しじゃんけんでつじつまを合わせようとしているのです。それも、外国向けのアピールとしてです。

この国の政治家は、責任という事を知らぬ恥知らずばっかりになってしまいました。津波の救援に奮闘した、自衛隊、警察、消防の現場での活躍は素晴らしい物でした。地元自治体の人達の踏みとどまる努力も涙が出ます。何よりも救援活動を行ってきた沢山のボランティアの人達の善意、そして、災害後一ヶ月でも一千億円をはるかに超える義援金も集まりました。台湾の人達からの善意の150億円物募金が集まりました。それでも政府か感謝の広告も台湾だけ出さない弱腰です。情けないです。外国からの義援金の総額も1000億円に達したそうです。ありがたいことです。この額は、訳の分からない手当の名目で、外国に流出している額と同じだそうです。この悪法が続く限り毎年流出していきます。それをそのままで、増税とはあきれ果てます。

今朝の値は、昨日一号機で水蒸気をみたという情報がありましたが、まだ、0.065〜0.109で何時もよりむしろ低い値です。部屋の中は、0.147平均で汚染が蓄積しています。咳も胸も相変わらず痛みますね。一月以上直りません、、、。
by maxlabo | 2011-06-14 07:58 | 原発人災事故


Thinking out of the Box


by maxlabo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
地震
津波
原発人災事故
節電

以前の記事

2013年 10月
2012年 12月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧